科目名 観光情報学
単位数 2.0
担当者 非常勤講師 石野 亜耶
履修時期 前期(集中講義)
履修対象 2年生
概要 観光情報学は、情報の観点から観光を捉える新しい学問分野である。本講義では、観光情報学の基礎と、演習を通して情報技術の活用方法を学ぶ。演習では、少人数のグループを構成し、観光関連データベースの構築、テキスト情報を利用した観光地イメージの分析を行い、成果を発表する。
科目の到達目標 情報の観点から観光をとらえる考え方を身に付ける。観光関連データベースを活用することができる。
受講要件 コンピュータの基本的な操作ができること。
事前・事後学修の内容 日常生活の中で触れる様々な観光に関する技術動向に興味を持ち、ニュースなどを調査するとともに、問題点や改善法を考察し、まとめたり話し合ったりする。
講義内容 1. 観光情報学とは
2. 情報化時代の観光行動
3. 観光情報に関するサービスや研究
4. 観光関連データベース構築に関する取組
5. データベースの基礎:SQL
6. データベースの基礎:COC+観光関連データベース
7. [グループ演習] 広島関連の観光情報を収集してみよう
8. [グループ演習] 広島関連の観光情報をデータベースに登録してみよう
9. テキスト情報を利用した観光地イメージの分析
10. テキストマイニングの基礎:Pythonの基礎
11. テキストマイニングの基礎:Pythonを使ったテキストマイニング
12. [グループ演習] 観光地イメージを抽出してみよう
13. [グループ演習] 観光地イメージについて分析してみよう
14. 発表資料の作成
15. グループ毎の発表
評価方法 講義中に行うディスカッションや発表、受講態度などの評価点50%、課題に関するレポート等50%で評価し、それらの合計値を最終評価とする。
教科書等 なし(参考資料を適宜配布する)
担当者プロフィール 広島経済大学 ビジネス情報学科 准教授、観光情報学等の研究に従事。

講義中に示すEメール等の連絡先へ質問することができる。
備考