科目名 システムLSI設計
単位数 2.0
担当者 情報工学専攻 准教授 市原 英行
履修時期 後期
履修対象 3年
概要 授業形式:講義
システムLSIとは1つの電子機器システムを1つのLSI上に実現するための技術であり、その設計にはハードウェアに関する知識だけでなく、LSI上で動作するソフトウェアに関する知識も要求される。本講義ではシステムLSI設計における、上流設計について解説し、さらに現在のシステムLSIを設計上で重要なシステムの信頼性と安全性について講義する。また、最近のシステムLSI設計の話題を紹介する。
科目の到達目標 システムLSIを通じてシステム設計の考え方と重要性について理解する。
最新のLSI設計技術に関する知識を修得する。
受講要件 「CADシステム」とあわせて受講することが望ましい。
事前・事後学修の内容 事前学修:公開したスライドによる予習。
事後学修:理解を確認するための課題を課す。
講義内容 1.イントロダクション,システムLSIとは?
2.システムレベル設計(要求仕様解析,UML)
3.システムレベル設計(機能仕様設計,アーキテクチャ設計,通信設計)
4.組込ソフトウェア(組込ソフトウェア向けコンパイラ)
5.組込ソフトウェア(組込みオペレーティングシステム)
6.設計検証(動的検証)
7.設計検証(静的検証)
8.中間まとめ
9.ディペンダブルシステム
10.フォールトトレラントシステム(静的マスク)
11.フォールトトレラントシステム(動的マスク,フェールセーフ)
12.セイフティ(安全性,安全・信頼設計)
13.セイフティ(機能安全,安全度水準)
14.最近のシステムLSI設計の動向(システムレベル設計編)
15.最近のシステムLSI設計の動向(ディペンダブルシステム編),まとめ
評価方法 事前・事後学修における課題の提出状況や定期試験の結果により5段階で評価する。
教科書等 必要に応じて資料を配付する。
参考書:
藤田昌宏編著,「システムLSI設計工学」,オーム社.
米田友洋,梶原誠司,土屋達弘著,「ディペンダブルシステム-高信頼システム実現の ための耐故障・検証・テスト技術-」,共立出版.
道上勉,向殿政男著,「信頼性・安全性工学」,オーム社.
担当者プロフィール コンピュータの設計・テスト、フォールトトレランス、ストカスティックコンピューティングの研究に従事。
「学生の学習指導・支援体制について」
オフィス・アワー(教員が学生の質問や相談を受けられるように研究室などにいる時間のことです。)を設定しています。オフィス・アワーの具体的な時間は最初の授業で伝えます。
備考 高一種免(情報)「コンピュータ及び情報処理(実習を含む。)」選択対象科目