科目名 分散システム
単位数 2.0
担当者 情報工学専攻 教授 石田 賢治(代表教員)  講師 上土井 陽子
履修時期 後期
履修対象 3年
概要 現在多くの者が利用しているパソコン、タブレットPC、スマートフォンなどは、情報ネットワークを介して、各種サーバと接続することにより SNS(Social Networking Service)などを提供するシステムの一部を構成している。本講義では、これらのシステムを構成する基本技術である分散システム技術について講述する。

内容として、分散システムアーキテクチャ、プロセス、クライアントサーバ、通信、名前付け、同期、一貫性と複製、フォールトトレラント性、セキュリティなどを扱う。

科目の到達目標 分散システムアーキテクチャ、プロセス、クライアントサーバ、通信、名前付け、同期、一貫性と複製、フォールトトレラント性、セキュリティなどの分散システムを構成する要素技術の基礎について理解すること。
受講要件 学習意欲が高く、自ら積極的に受講できること。
事前・事後学修の内容 受講生への要望関連科目として、情報ネットワーク、情報理論、ネットワークプロトコル、プロトコル設計の受講が望ましい。また、予習と復習を行うこと。
講義内容 1 分散システムの概要

(石田担当)
2 分散システムの種類
(石田担当)

3 アーキテクチャ

(石田担当)
4 プロセス(石田担当)


5 クライアントサーバ(石田担当)


6 通信
(石田担当)

7 名前付け
、および、中間まとめ(石田担当)

8 同期
(上土井担当)

9 複製と一貫性(上土井担当)


10 フォールトトレラント性
(上土井担当)

11 セキュリティ
(上土井担当)

12 分散ファイルとオブジェクト
(上土井担当)

13 分散Web システム(上土井担当)


14 パーベイシブシステムと分散組み込みシステム(上土井担当)


15 密結合型分散システムにおける排他制御(上土井担当)
期末試験
評価方法 【評価方法】
試験およびレポート等を課し、 1. 前半の成績(50%)、2. 後半の成績(50%)の割合で成績を総合的に評価する。 レポートについては完成した物を指定された期限までに提出し、受理される必要がある。 秀、優、良、可、不可の基準は、学生便覧記載のとおりとする。

【達成度評価の基準】
分散システムを実現している、分散システムアーキテクチャ、プロセス、クライアントサーバ、通信、名前付け、同期、一貫性と複製、フォールトトレラント性、セキュリティ、分散ファイル、オブジェクト、分散Webシステム、パーベイシブシステム、分散組み込みシステム、密結合型分散システムなど各要素技術の基礎を理解していること。

教科書等 教科書等:
水野 忠則 (監修)「分散システム (未来へつなぐデジタルシリーズ) 」(共立出版)2015.
必要に応じて資料を配布する。

参考書:
眞鍋義文「分散処理システム」(森北出版)2013.
A. S. Tanenbaum and M. Steen (水野他訳)「分散システム -原理とパラダイム 第2版-」(ピアソンエデュケーション) 2009.
谷口秀夫 著「並列分散処理」(コロナ社) 2003.
菅原研次「はじめての分散処理システム 基礎からWebアプリケーションまで」(森北出版) 2007.
亀田、山下「分散アルゴリズム」(近代科学社) 1994.
担当者プロフィール 講義内容や宿題などに関する質問および相談は随時受け付けています。研究室を訪ねる場合は講義前後の空き時間や電子メールなどで事前にアポイントメントを取るようにしてください。
プロフィールは以下の通りです。
石田賢治:主に、ネットワーク制御アルゴリズム、アシュアランスシステムに関する研究に従事。情報工学専攻 情報ネットワーク研究室長。
上土井陽子:主に、データマイニング、クラスタリングに関する研究に従事。情報工学専攻 論理回路システム研究室所属。
備考