科目名 情報ネットワーク
単位数 2.0
担当者 知能工学専攻 教授 髙橋 健一
履修時期 後期
履修対象 2年次
概要 ネットワークは、情報技術の重要な要素である。本科目では、電気通信技術の基礎、データ通信の仕組みと働き、プロトコル、ネットワーク技術の基礎概念、ネットワークに関する基礎的な計算方法を学ぶ。演習課題を解くことで、講義内容の理解を深める。
科目の到達目標 情報ネットワークに関するより専門的な知識や技術を修得するため、電気通信技術やコンピュータネットワークの基礎概念、用語、システムに関する知識および基礎的な計算法を習得する。
受講要件 コンピュータの基礎概念を理解していることがのぞましい。
事前・事後学修の内容 教科書の指定範囲を読み、わからない点は授業で解決できるようにしておく。
事前・事後学修のため、eラーニングシステムの演習を行う。
また、事後学修として、課題の演習問題をすべて自分で解く。
講義内容 1 概要,通信の発展,構成,形態
2 データの伝送の基礎(構成要素)
3 データの伝送の基礎(伝送速度、伝送時間、構成装置)
4 伝送制御手順(基本型伝送制御手順)
5 伝送制御手順(ハイレベルデータリンク制御手順)
6 ネットワーク方式
7 誤り制御
8 ディジタル通信
9 ネットワークアーキテクチャ(OSI参照モデル)
10 LANの構成(定義,イーサネット,トークンリング)
11 LANの接続方法
12 メディアのアクセス制御
13 TCP/IPとインターネット技術
14 インターネットサービス
15 インターネットの応用
※授業の順序は変更することがある。
※試験期間に別途期末試験を実施する。
評価方法 演習(20%)、試験(80%)により評価する。
ネットワークにおける基礎的な用語、概念、LAN、インターネットにおけるプロトコル、イーサネット、データ通信の仕組みを理解し、具体的な計算や説明ができることについて達成度に応じて、学生HANDBOOK記載のとおりの基準で、秀、優、良、可、不可を判定する。
教科書等 教科書:角谷一成、イエローテールコンピュータ、「基本情報処理技術者合格教本」,技術評論社
参考書:定平譲、須藤智,「平成27年度基本情報処理技術者合格教本」,技術評論社
    谷口功,「よくわかる最新通信の基本と仕組み-通信の常識-」,秀和システム
    岡嶋裕史,「テクニカルエンジニアネットワーク合格教本」,技術評論社
    田坂修二,「情報ネットワークの基礎」,数理工学社
    「コンピュータシステムの基礎」,アイテック
水澤純一著,電子情報通信学会編,「情報通信ネットワーク」,コロナ者
担当者プロフィール パターン情報の知識処理に関した研究を行っている。
授業内容や課題などに関する、学生の個別学習相談を随時受け付けています。教員の所在は、学内サイネージ等に掲示されていますので、確認の上、研究室を訪ねてみてください。
備考 【教職】高一種(情報)