科目名 オペレーティングシステム
単位数 2.0
担当者 知能工学専攻 准教授 岩根 典之
履修時期 後期
履修対象 2年
概要 (授業形態:講義)携帯端末から大規模汎用システムまでハードウェアを使いやすくするために様々なオペレーティングシステムが開発されている。本講義ではオペレーティングシステムに共通する基本的な概念や技術について説明するとともに新しい技術も紹介する。
科目の到達目標 使いやすいインタフェースや効率的な処理を提供するためにオペレーティングシステムがどのように実現されているか理解するとともに基礎知識を習得する。
受講要件 特に無し
事前・事後学修の内容 事前・事後学修のためのプリント等を配付する。
講義内容 1. オペレーティングシステムの概要
2. プロセスとその管理
3. スケジューリング
4. プロセスの同期
5. プロセス間通信
6. プロセスのデッドロック
7. 中間まとめ
8. 実記憶とその管理
9. 仮想記憶とその管理(動的アドレス変換とフェッチ技法)
10.仮想記憶とその管理(置換え技法と割り付け技法)
11.ファイルシステム(ファイルとその操作)
12.ファイルシステム(ディレクトリの管理)、他(仮想化とクラウド)
13.割り込みの制御とタイマ管理、他(マルチメディア)
14.入出力の制御、他(セキュリティ)
15.全体まとめ(ケーススタディ)
評価方法 受講態度とレポート、期末試験で評価する(受講態度/クイズなど20%、期末テスト80%)。
成績の評価基準は、学生HAND BOOK記載のとおりとする。
教科書等 教科書:毛利公一著「基礎オペレーティングシステム」(数理工学社)
参考書:A.S.Tanenbaum, "Modern Operating Systems(3e/4e)", (Prentice Hall)
大久保英嗣著「オペレーティングシステムの基礎」(サイエンス社)
松尾啓志著「オペレーティングシステム」(森北出版)
柴山潔著「オペレーティングシステム―OS学-」(近代科学社)
担当者プロフィール オフィス・アワーを設定しています(時間外も可能な限り受付けます)。
学習システムのモデル化や設計に関する研究に従事。
備考 【教職】高一種(情報)
コンピュータ基礎、プログラミングを履修していることが望ましい。
演習や実験でコンピュータを利用する際、オペレーティングシステムを意識すること。