科目名 データベース
単位数 2.0
担当者 知能工学専攻 准教授 田村 慶一
履修時期 前期
履修対象 3年
概要 データベースは情報社会を支える基盤技術の一つであり,社会のあらゆる場所において情報管理のために必要不可欠なものとなっている。よって,データベースの仕組みを理解することは,情報社会の根底を理解することにあたる。本科目では,データベースの中でも,最も代表的な関係データベースをとり上げ,関係データベースの基本概念,数学的な基礎付けやそのシステムについて講義する。
科目の到達目標 ・データベースの基礎的な項目について理論と実践の両面から学び,データベースの仕組みを習得する。
・関係データベースにおける基本的なデータベース設計と,データベース操作が可能となる。
・情報社会におけるデータベースの役割,データの管理と運用方法について理解できるようになる。
受講要件 離散数学,コンピュータ基礎,情報科学概論,オートマトンと形式言語,データ構造とアルゴリズムⅠ,データ構造とアルゴリズムⅡを受講していることが望ましい。
事前・事後学修の内容 ・教科書を事前に読み,内容を理解してくる(事前学修)。
・毎回配布する事後学習の練習問題を解く(事後学修)。
講義内容 1 講義ガイダンスとデータベースの入門
2 データモデル(データモデリング,E-Rモデル,拡張E-Rモデルなど)
3 関係データモデル(定義,スーパーキー,候補キー,主キーなど)
4 関係代数(和・差・積・直積,射影・選択・結合・商,関係代数表現など)
5 正規化理論の基礎理論(更新時異状,情報無損失分解,関数従属性など)
6 正規化理論の実践(第2正規形,第3正規形,ボイスコッド正規形など)
7 データベース設計と正規化理論に関する演習
8 前半のまとめ
9 SQL(単純,結合,入れ子型質問など)
10 SQL(挿入・削除・更新,表定義,権限など)
11 データベース管理システム(3層スキーマ構造,質問処理と最適化)
12 SQLに関する基礎演習
13 SQLの事例演習
14 トランザクション(障害回復,同時実行制御)とセキュリティ管理
15 後半のまとめとデータベースの応用分野
評価方法 成績は,筆記試験(中間試験と期末試験)と平常点(授業態度と練習問題の提出状況)とで総合的に評価する。筆記試験80%,平常点20%で評価を行う。評価基準は,学生便覧記載の通りである。
教科書等 教科書:
北上 始 (著), 黒木 進 (著), 田村 慶一 (著)「データベースと知識発見」(コロナ社)

参考書:
高橋 麻奈「情報処理技術者試験 やさしく学ぶデータベース技術」(翔泳社)
増永 良文「リレーショナルデータベース入門―データモデル・SQL・管理システム (Information&Computing)」(サイエンス社)
担当者プロフィール データ工学研究室に所属し,データベース、並列分散処理に関する研究に従事。

授業内容や宿題などに関する,学生の個別学習相談を随時受け付けています。
教員の所在は、学内サイネージ等に掲示されていますので,確認の上,研究室を訪ねてみてください。
備考 【教職】高一種免(情報)