科目名 ディジタル信号処理
単位数 2.0
担当者 医用情報科学専攻 准教授 青山 正人
履修時期 後期
履修対象 2年
概要 授業形態:講義

音声,画像など自然界に存在する信号はアナログ信号である.
アナログ信号をディジタル信号に変換した後,フィルタリング,パターン認識などの処理を施す「ディジタル信号処理」は,マルチメディア情報処理,ディジタル通信などで重要な役目を果たしている.
この講義では,アナログ信号処理の基礎(連続時間信号と連続時間システムの解析)を理解した後,ディジタル信号処理(離散時間信号と離散時間システムの解析)について学ぶ.
科目の到達目標 毎回,講義内容に関して実施する小テストを自分自身で解くことを通して理解を深める.
基礎的な知識(フーリエ級数,フーリエ変換,線形時不変システム,サンプリング定理など)を習得する.
受講要件 解析学Ⅰ,解析学Ⅱ,情報基礎数学を受講していることが望ましい.
事前・事後学修の内容 【事前学修】
・解析学I,解析学II,情報基礎数学を復習する.
・教科書や参考書の該当箇所を読み,事前知識を得ておく.
【事後学修】
・講義内容を復習し,理解が不十分なところがあれば,その内容を理解する.
・前回に実施した小テストの解説を参考に,事後学修の復習での理解に不十分なところがあれば補う.
講義内容 第1回:導入
第2回:フーリエ級数
第3回:複素フーリエ級数
第4回:フーリエ変換
第5回:連続時間システム(1)インパルス応答,たたみ込み積分
第6回:連続時間システム(2)周波数特性と応答
第7回:離散時間フーリエ変換
第8回:中間まとめ
第9回:サンプリング定理
第10回:z変換
第11回:離散時間システム(1)インパルス応答,たたみ込み,周波数特性
第12回:離散時間システム(2)伝達関数
第13回:アナログフィルタ
第14回:ディジタルフィルタ
第15回:画像信号のフーリエ変換
※上記とは別に期末試験を実施する.
評価方法 小テスト(10%),中間まとめ(40%),期末試験(50%)に基づいて評価する.
秀,優,良,可,不可の基準は学生便覧に記載の通りとする.
教科書等 教科書:浜田 望「よくわかる信号処理」(オーム社)
参考書:貴家 仁志「ディジタル信号処理」(オーム社)
    金谷 健一「これなら分かる応用数学教室ー最小二乗法からウェブレットまでー」(共立出版)
 
担当者プロフィール 医用画像を対象にしたコンピュータ支援診断に関する研究に従事.

【学生の学習指導・支援体制について】
授業内容や小テストに関する,学生の個別学習相談を随時受け付けている.
事前にメールでアポイントメントを取ってから来訪すること.
備考 【教職】高一種(情報)