科目名 情報理論
単位数 2.0
担当者 知能工学科 教授 三村和史
履修時期 前期
履修対象 3年次
概要 情報理論は通信やデータ圧縮の基礎を与える理論である.
本講義では情報理論の基本的な概念を理解する.
授業形態は講義である.
科目の到達目標 情報理論についての基礎的な知識や考え方を身につけることを目的とする.
受講要件 特になし.
事前・事後学修の内容 「確率統計」および「解析学Ⅰ」を履修していることが望ましい.
講義内容 1. 情報理論の概要
2. 情報の表現
3. 確率の基礎
4. 情報量
5. 情報量の性質
6. 情報源のモデルとエントロピーレート
7. 典型系列とその性質
8. 前半のまとめ
9. 情報源の符号化
10. ハフマン符号
11. LZ符号
12. 通信路のモデルと通信路容量
13. 通信路符号化定理
14. 誤り訂正符号
15. 後半のまとめ
評価方法 試験および課題の結果に基づいて評点を定める.
評点に対する評価は広島市立大学履修規定に則って行う.
教科書等 教科書:
  - 植松友彦著,「イラストで学ぶ情報理論の考え方」(講談社)
参考書:
  - 小林欣吾,森田啓義共著「情報理論講義」(培風館)
  - 今井秀樹著「情報理論」(昭晃堂)
  - 嵩忠雄著「情報と符号の理論入門」(昭晃堂)
  - T. M. Cover & J. A. Thomas: Elements of Information Theory, 2nd ed. (John Wiley)
担当者プロフィール 情報理論と統計物理の研究に従事.
授業内容や宿題などに関する,学生の個別学習相談を随時受け付けています.
教員の所在は,学内サイネージ等に掲示されていますので,確認の上,研究室を訪ねてみてください.
備考 【教職】高一種(数学)