科目名 知能工学実験Ⅰ
単位数 3.0
担当者 実験I-1: 准教授 岩根 典之,准教授 田村 慶一,助教 黒澤 義明
実験I-2: 准教授 原 章,准教授 宮原 哲浩(代表教員),講師 岡本 勝
履修時期 前期
履修対象 3年
概要 実験I-1(メディア学習実験)
 ロボット(機械)が画像や映像などのメディアを通して物体を検出/認識し,認識内容に従って行動を決定するための学習アルゴリズムの体得を目指す.実験では,検出器と認識器の精度を検証する個人実験に加え,実機を用い,グループによる共同実験を行う.検出/認識器の学習には,カスケード学習や深層学習を用いるため,検出精度と認識精度を向上させる方法を,個人実験やグループ討議を通して考えることや,作成物をプレゼンする能力を鍛えることも実験目的とする.


実験I-2(人工知能プログラミング実験)
 人工知能の理論的基礎技術である,問題の表現,その探索的解法を実験を通して理解するとともに,ゲームのアルゴリズムを設計・実装することにより,その理解を深める.このため,人工知能用言語のひとつであるLispを用いることによりその言語系の演習を兼ねる.
科目の到達目標 人工知能関連の講義内容の理解を深めて,関連する機械学習に関する知識の体験的習得やプログラミング技術を習得することを目標とする.
受講要件 「人工知能」と「記号処理プログラミング」を受講していることが望ましい.
事前・事後学修の内容 CとLispでプログラムを作れることが必要である.また,自ら積極的にプログラミングに取り組むことを希望する.
講義内容 実験I-1(メディア学習実験)
 1 自律型ロボット構築の基礎
 2 検出器作成の基礎
 3 認識器作成の基礎
 4 検出/認識器作成の実践(対象の選定,データ収集など)
 5 検出/認識器作成の実践(検出器と認識器の構築,精度検証など)
 6 検出/認識器作成の実践(通信,ロボット動作との統合など)
 7 検出/認識器作成の実践(改良)

 8 メディア学習から人工知能プログラミングに向けて

実験I-2(人工知能プログラミング実験)
 9 Lisp言語演習(基本課題) 
 10Lisp言語演習(応用課題)
 11コンピュータオセロ環境の実装
 12ゲーム木探索方法の実装
 13クライアント・サーバモデルによるネットワーク対戦の実現
 14ゲーム木探索方法の改良
 15評価関数の改良
評価方法 授業への参加度およびレポートなどの提出物により,評価する.
全ての実験に出席し,全てのレポートなどの提出物を提出すること.
教科書等 実験Ⅰ-1(メディア学習実験)実験の手引書を配布する.
実験Ⅰ-2(人工知能プログラミング実験)実験の手引書を配布する.
担当者プロフィール 学生の学習指導・支援体制についてはそれぞれの実験時間に伝えます.

岩根:学習システムのモデル化や設計に関する研究に従事.
田村:データ工学研究室所属.データベース,並列分散処理に関する研究に従事.
黒澤:発話意図研究,アパレル情報推薦研究に従事.
原: 進化計算論,群知能,マルチエージェントシステムの研究に従事.
宮原:機械学習とデータマイニングの研究に従事.
岡本:知識工学研究室所属.統計的学習モデルの開発とヒューマンインタフェースへの応用に従事.
備考