科目名 インターンシップ
単位数 2.0
担当者 知能工学科 担当全教員(代表教員:知能工学科 学科長)
履修時期 通年
履修対象 3年次
概要 企業や公的機関において実習、研修を行い、実社会と直接係る就業体験をする。実習期間は2週間程度である。
インターンシップ終了後は、参加者全員による報告会を行い、実習の内容、社会で求められている技術や能力について発表する。
授業形態:実習
科目の到達目標 企業や公的機関において実習、研修を行い、実社会と直接係る就業体験をすることによって、社会で求められている技術や能力を知り、大学における勉強および将来の就職活動に役立てる。
受講要件 特になし。
事前・事後学修の内容 学生は事務局の就職キャリヤ形成ラインを通して、災害傷害保険、賠償責任保険に加入しなければならない。
学生は受け入れ企業等への所定の誓約書を学部事務室に提出する。
チュータ―において事前研修を実施する。
講義内容 1.[実施]

自分の専門分野を現場で応用・実践することにより、確かな知識として習得できるほか、学習目的が明確になる。
学生は、所定の日報を作成し、受け入れ担当者の確認を得る。

2.[報告]

インターンシップが終了したときは、学生は、速やかに日報を学科長に提出し、また、終了後、所定のレポートを学科長に提出する。

3.[報告会]

インターンシップ参加者全員による報告会を行う。

参加者:教員、学生
評価方法 単位の認定は、受け入れ先の実習計画書、受け入れ先による学生の評価、学生の実習日誌と報告書、インターンシップ報告会での発表内容、質疑討論の状況などにより総合的に評価する。

秀・優・良・可・不可の基準は、学生便覧記載のとおりとする。
教科書等 教科書:なし
参考書:必要に応じて紹介する。

専攻事務室にあるインターンシップ実施要領を参照のこと。
担当者プロフィール 授業内容や宿題などに関する、学生の個別学習相談を随時受け付けています。
各担当教員と個別にアポイントを取って下さい。
備考 【教職】高一種(情報)