科目名 知能工学実験Ⅱ
単位数 3.0
担当者 実験II-1: 准教授 古川 亮,准教授 宮崎 大輔,講師 馬場 雅志
実験II-2: 准教授 黒木 進(代表教員),准教授 田村 慶一,助教 鈴木 祐介
履修時期 後期
履修対象 3年次
概要 授業形態:実験
実験Ⅱ-1(コンピュータグラフィックス実験)
コンピュータグラフィックス(CG)とは、計算機内部に保持する3次元形状モデルから2次元の画像を生成する技術である。Java言語を利用したプログラミングを通して、CGに関する知識・原理の理解をより深める。
実験Ⅱ-2(データマイニング実験)
大量のテキスト集合を分析し有用な情報を得ることを目指すことをテキストマイニングという。テキストマイニングのプログラムを作って分析する過程を通して理解を深める。
科目の到達目標 コンピュータグラフィックスに関する基本的な知識・原理を習得し、三次元CGプログラミングによる演習を通じ、基本的なCG画像作成技法を身につける。
また、テキストマイニングを例題としてビッグデータの解析に必要となる考え方や手法を身につける。
受講要件 「知能工学実験Ⅰ」の単位を取得していることが望ましい。同時に、講義科目「コンピュータグラフィックスⅠ、Ⅱ」と「データマイニング」を受講していることが望ましい。
事前・事後学修の内容 教科書をよく読み、実験内容について予習する。
大学の演習室等を利用し、授業時間外もプログラミング演習課題に取り組む。
講義内容 実験Ⅱ-1(コンピュータグラフィックス実験)(第1~7週) (古川、宮崎、馬場)

1 講義の概要と導入、座標変換、マトリックス、3次元の表示
2 ポリゴンモデル、隠面消去
3 光学的モデルとシェーディング
4 レイトレーシング法
5 マッピング
6 形状表現
7 自由作品制作

中間まとめ(第8週) (全担当教員)

実験Ⅱ-2(データマイニング実験)(第9~15週) (黒木、田村、鈴木)
1 統計解析プログラミング(1)(変数、制御構造)
2 統計解析プログラミング(2)(関数)
3 自然言語処理プログラミング
4 パターン発見
5 クラスタリングと視覚化
6 テキスト分類
7 テキスト判別
評価方法 実験Ⅱ-1および実験Ⅱ-2の評価をもとに合否判定し、両方の実験で合格と判定された場合に単位を認定する。
各実験の評価基準は以下の通りである。

評価方法
レポートなどの提出物により、評価する。

評価基準
全ての実験に出席し、レポートなどの提出物をすべて提出すること(必要条件であり、加点要素ではありません)。
課題の出題意図をくみ取り、的確な内容のレポートを提出すること。
教科書等 実験Ⅱ-1(コンピュータグラフィックス実験)
教科書:
小笠原祐治:Javaによる簡単実習3次元CG入門、森北出版
参考書:
コンピュータグラフィックス編集委員会編:コンピュータグラフィックス、画像情報教育振興協会(CG-ARTS協会)
実験Ⅱ-2(データマイニング実験)
教科書:
石田基広:Rによるテキストマイニング入門、森北出版
担当者プロフィール 授業内容や宿題などに関する、学生の個別学習相談を随時受け付けています。
教員の所在は、学内サイネージ等に掲示されていますので、確認の上、研究室を訪ねてみてください。


黒木:マルチメディアデータベースの研究に従事。
宮崎:コンピュータグラフィックス研究室に所属し、コンピュータグラフィックスの研究に従事。
田村:データ工学研究室に所属し、データベース、並列分散処理に関する研究に従事。
馬場:コンピュータグラフィックス研究室に所属し、高精細なCGの研究に従事。
古川:画像メディア工学研究室に所属し、画像処理による3次元計測、およびCGモデル作成の研究に従事。
鈴木:機械学習研究室に所属し、機械学習とデータマイニングへの応用に関する研究に従事。
備考