科目名 プログラミングⅢ演習
単位数 1.0
担当者 知能工学専攻 准教授 田村 慶一, 助教 森 康真
履修時期 後期
履修対象 2年
概要 プログラミングIIIの講義で学んだオブジェクト指向プログラミング言語であるJava言語について,プログラミングの演習を通して理解を深める。
科目の到達目標 ・オブジェクト指向に基づくプログラム作成の考え方を身につける。
・Javaプログラムの作成,実行,テストとデバッグの手順を身につける。
・Java言語で簡単なプログラムを作成できるようになる。
受講要件 ・プログラミングI, プログラミングI演習,プログラミングII, プログラミングII演習の単位を取得していることが望ましい。
・プログラミングIIIを受講していることを前提に演習を実施するため,プログラミングIIIが未履修の場合は,プログラミングIIIと併せて受講すること。
事前・事後学修の内容 ・プログラミングIIIの教科書の指定範囲を読み,掲載してあるサンプルプログラムを動かす(事前学修)。
・演習で用いたサンプルプログラムを各自で変更し,新しいプログラムを作成してみる(事後学修)。
講義内容 1. Javaプログラミング入門,クラスの基本
2. リテラル,変数,式,メソッド
3. 制御構造
4. 配列
5. クラスの利用
6. ファイル入出力
7. 前半のまとめ(統合開発環境と中間課題)
8. クラスの基本機能
9. クラスの応用機能
10. 継承
11. 抽象クラス,インターフェース
12. コレクションと総称型
13. 例外処理
14. 後半のまとめ(パッケージ構成)
15. 後半のまとめ(最終課題)
評価方法 すべての演習課題について,そのレポートが受理されることが単位取得の最低条件である。
評価は提出されたレポートの評点と演習態度で行い,評価の基準は学生便覧記載のとおりとする。
教科書等 プログラミングIIIの教科書である「高橋 麻奈『やさしいJava』(ソフトバンククリエイティブ)」を必ず持参すること。
演習資料は毎回配布します。
担当者プロフィール 田村:データ工学研究室に所属し,データベース,並列分散処理に関する研究に従事。
森: データ工学研究室に所属し,主に知識情報処理の研究に従事。

演習内容に関する,学生の個別相談を随時受け付けています。
教員の所在は,学内サイネージ等に掲示されていますので,確認の上,研究室を訪ねてみてください。
備考 【教職】高一種免(情報)