科目名 ソフトウェア工学概説
単位数 2.0
担当者 情報科学研究科 知能工学専攻 准教授 原 章
履修時期 後期
履修対象 3年次
概要 ソフトウェアの重要性,規模の増大に伴い,その信頼性,保守性の向上が求められている.この実現には,プログラミング技術のみならず,開発の上流過程である仕様設計や,実装における品質管理やテストといったソフトウェア工学に関する一連の流れが重要となる.そこで,本講義では,ソフトウェアの要求定義・設計・プログラミング・テスト・運用・保守に関する基礎技術を中心に講義する.演習では,アプリケーション開発を題材に,講義で得た知識を活用することにより,ソフトウェア工学の重要性を体得する.授業は講義の形態で実施する.
科目の到達目標 ・ソフトウェアの要求定義・設計・プログラミング・テスト・運用・保守に関する知識,基礎技術を体系的に理解する.
・講義で得た知識を活用して,オリジナルのアプリケーションを作成する.
受講要件 特に無し.
事前・事後学修の内容 ・アプリケーション開発の演習では,Javascript,HTML等を使用する.課題に取り組むにあたりプログラミング言語の文法等の基礎知識が不足している点があれば,授業中に提示する参考書等を利用して独習するなど自発的に予習・復習に取り組む.
・講義で得た知識を活用して,各自オリジナリティのあるアプリケーションの作成に意欲的に取り組む.
講義内容 1.ソフトウェア工学の概要とソフトウェアプロセスモデル
2.要求分析
3.モデル化・統一モデリング言語
4.アーキテクチャ・設計
5.実装・コーディング規約
6.テスト工程
7.保守・プロジェクトマネジメント
8.アプリケーション開発の基礎(開発環境)
9.アプリケーション開発の基礎(イベント処理)
10.アプリケーション開発の基礎(データ入力)
11.アプリケーション開発の基礎(画面描画)
12.アプリケーション開発の基礎(データ保存)
13.オリジナルアプリケーションの開発(設計)
14.オリジナルアプリケーションの開発(実装・テスト)
15.講義のまとめ
評価方法 試験(50%)とレポート(40%)の成績および各回の授業参加度(10%)により評価する.
試験では,ソフトウェア工学に関する基礎技術を理解できているかを評価する.
また,レポートでは,ソフトウェア工学に関する基礎技術を活用してアプリケーションを開発する能力を評価する.
上記の重みで評点を算出し,学生HANDBOOK記載の基準に従って成績を判定する.
教科書等 資料を作成し配布する.参考書等は講義中に文献を適宜示す.
担当者プロフィール 2002年東京工業大学総合理工学研究科博士課程修了.博士(工学).2002年広島市立大学情報科学部助手.2007年同大講師.2010年より同大准教授.知能システム研究室に所属し,主に進化計算論,群知能に関する研究に従事.
学生の学習指導・支援体制:
授業内容や課題などに関する学生の個別学習相談を随時受け付けています.教員の所在は学内サイネージ等に掲示されていますので,確認の上,研究室を訪ねてみてください.
備考 【教職】高一種免(情報)選択科目.