科目名 工芸材料概説
単位数 2.0
担当者 教授 南 昌伸  准教授 大塚智嗣  講師 野田睦美  ほか
履修時期 前期
履修対象 2年次
概要 授業形態(講義)
金属、染織材料、漆、木、土、ガラス、プラスチックなど、工芸材料を中心にとりあげ、材料と技法について基本的事項を概説し、工芸材料、造形材料としての可能性を考える。
科目の到達目標 素材と技法の基礎的事項を学びながら、素材を身近なものとして捕らえるとともに、造形素材としての可能性を研究、また選択できる基礎知識を身に付ける。
受講要件 特になし。
事前・事後学修の内容 事前にそれぞれの材料について下調べを行い、疑問点、質問事項等を整理しておくようにする。
講義内容 第1回  導入             (教授 南)
第2回  金属材料と技法 Ⅰ      (教授 南)
第3回  金属材料と技法 Ⅱ      (教授 南)
第4回  染織材料と技法 Ⅰ      (講師 野田)
第5回  染織材料と技法 Ⅱ      (講師 野田)
第6回  漆材料と技法 Ⅰ       (准教授 大塚)
第7回  漆材料と技法 Ⅱ       (准教授 大塚)
第8回  木工材料と技法 Ⅰ      (非常勤講師 松本)
第9回  木工材料と技法 Ⅱ      (非常勤講師 松本)
第10回 陶芸材料と技法 Ⅰ      (非常勤講師 原紺)
第11回 陶芸材料と技法 Ⅱ     (非常勤講師 原紺)
第12回 ガラス材料と技法 Ⅰ      (非常勤講師 増田)
第13回 ガラス材料と技法 Ⅱ     (非常勤講師 宮田)
第14回 プラスティック材料と技法 Ⅰ (非常勤講師 山嵜)
第15回 プラスティック材料と技法 Ⅱ (非常勤講師 山嵜)

講義の順番は、変更することがあります。
評価方法 レポートの提出を課し、レポートの内容をもって評価する。。レポートの内容は、講義で得た知識だけでなく、造形素材としての自分なりの考察などが盛り込まれていることが望ましい。
教科書等 教科書:特になし
参考書:各項目ごとに適宜資料を配付する
担当者プロフィール 南昌伸:金属工芸が専門である。材料、技術の可能性を常に意識しながら工芸や,金属造形分野において制作研究を行っている。

備考