科目名 油彩画材料論
単位数 2.0
担当者 芸術学部 教授 森永昌司 他: 講師 佐藤尉隆、助教 向川貴晃
履修時期 前期
履修対象 1年
概要 タブロー(ヨーロッパの油彩画)の制作に必要な材料について技法史的な検証を踏まえつつ、油彩画(西洋絵画)を構成する空間的・歴史的な広がりについて体系的に概説する。
授業形態: 講義(テストピースの作成などの実験を伴う)
科目の到達目標 絵画芸術の展開・発達について「材料・技法」を通して理解を深めることを目的とする。油彩画を構成する基礎的な知識を身につける。
受講要件 油彩画について深く理解したい学生であれば、要件は問わない。
事前・事後学修の内容 特に芸術学部油絵専攻の学生は、必修のカリキュラムの中で行われる実技と重複する「下地作り」なども行うので、なるべく1年次に履修すること。
講義内容  1 オリエンテーション
 2 油彩画の起源とその検証
 3 顔料について
 4 メディウムについて
 5 基底材と下地について(テストピースの作成)
 6 テンペラ技法について(テストピースの作成)
 7 混合技法について(テストピースの作成)
 8 グリザイユ・カマイユ技法について(テストピースの作成)
 9 白亜地(F20号の作成)
10 インプリミチューラ(テストピースの作成)
11 ファット・オーバー・リーンによる着彩(テストピースの作成)
12 エマルジョン下地(テストピースの作成)
13 エマルジョン下地(F20号の作成)
14 資料作成・各自の研究レポート
15 まとめ(レポート提出)
評価方法 資料(テストピース)の作成と課題による各自の研究レポートの提出により評価する。(試験は行わない)
課題の設問に則り、各自の取り組みがなされたかどうかを総合的に評価するものとし判定の基準については以下の通りである。
取り組みの内容が満たされていれば「可」とし、提出レポートなど、取り組みの内容に深化の認められたものを「良」とする。さらに、授業態度も含めた総合的観点において高い学習成果が認められたものを「優」とする。 その中でさらに秀でた学習成果の認められたものを「秀」とする。
教科書等 特に指定しない
担当者プロフィール 1959年 広島県に生まれる。1986年 東京藝術大学大学院美術教育研究室修了。1992年 東京藝術大学大学院後期博士課程退学。1996年 ロシア国立博物館の訪問研究員としてロシアイコンの現地調査・研究を行う。1998年 第4回美の予感(東京・大阪・京都・横浜高島屋)。1999年 富田賞候補作品展(東京日本橋高島屋)2000年 美しすぎる嘘・現代リアリズム絵画展、新世紀をひらく美(東京・大阪・京都・横浜高島屋)。2002年 写実・レアリスム絵画の現在(奈良県立美術館)。2003年 存在の美学 現代写実絵画研究所同人展(東京・横浜・大阪・名古屋・京都 高島屋 2005、2007年)。2010年度文化庁新進芸術家在外研修制度により ロシア・サンクトペテルブルクに滞在する(一年間)。2014年 LIGHT森永昌司個展(東京・大阪・京都 高島屋)2014年 存在の美学(東京・大阪・京都 高島屋、札幌芸術の森美術館)。2014年 特別展(八千代の丘美術館 広島県安芸高田市)
備考 教材費として3000円程度を必要とする。