科目名 絵画論
単位数 2.0
担当者 教授 大矢英雄、教授 森永昌司、准教授 諏訪敦、准教授 志水児王、講師 釣谷幸輝、講師 佐藤尉隆 助教 向川貴晃
履修時期 後期
履修対象 2年
概要 教育的、研究的進展に資する為、油絵専攻の教員が、各々の「絵画論」を展開する。
授業形態:講義
科目の到達目標 油絵専攻教員の各自の造形観から、絵画表現の実際や多様な考え方を知り、柔軟な造形思考を持つようにする。
受講要件 油絵専攻の学生については、2年次の受講が望ましい。
事前・事後学修の内容 絵画について言及する為、興味をもって取り組んでほしい。
講義内容 1  絵画的なものの見方とは(主に画像を見ながらの西洋古典絵画の私的紹介)大矢
2  絵画的なものの見方とは(西洋古典絵画の私的紹介)Ⅱ 大矢
3  版画論1 版画の歴史と変遷について 釣谷
4  絵画論2 現代の版画シーンについて  釣谷
5  絵画論考Ⅰ  絵画の歴史と理論 森永
6  絵画論考Ⅱ リアリズムについて 森永
7  絵画論1  オランダの光 志水
8  絵画論2  芸術と科学  志水
9  現代アートシーンの実態Ⅰ 諏訪
10 現代アートシーンの実態Ⅱ 諏訪
11 絵画論1 写真と絵画-写真術誕生と絵画の変遷  向川
12 絵画論2 写真と絵画-印象派以降の絵画 向川
13 絵画論1 メモリー・ドローイングⅠ 佐藤
14 絵画論2 メモリー・ドローイングⅡ 佐藤
15 レポート(授業及び絵画に関する)
評価方法 レポート提出(試験は行わない予定)
レポートの設問に則り、各自の課題として取り組みがなされたかどうかや、毎授業、受講票の記入を課し、平常点等とともに総合的に評価する。
評価基準 秀:積極的な授業への取り組みと独自の視点の特に優れたレポートを提出したもの
     優:積極的な授業への取り組みと独自の視点のレポートを提出したもの
     良:積極的な授業への取り組みを行ったが、レポートにおいて独自の視点に欠ける場合
     可:レポートを提出しただけで、積極性がみとめられない場合
教科書等 特になし
担当者プロフィール
備考