科目名 現代美術演習Ⅱ
単位数 2.0
担当者 教授 鰕澤 達夫  教授 チャールズ・ウォーゼン
履修時期 通年
履修対象 芸術学部2年〜4年
概要 現代美術演習Ⅰをさらに展開、発展させた作品制作を行う
現代美術演習Ⅰ同様に、前後期を通して演習を行い、マンツーマンのチェックを行うことで、
作品の概念構築をはかり、インスタレーション、作品設置・作品の記録とプレゼンテーションを行う
科目の到達目標 受講する学生個々の作品について指導し、作品内容について意見交換を行い、作品と表現との整合性を習得する
受講要件 現代美術演習Ⅰの受講者が対象
事前・事後学修の内容 多くの作家の作品をリサーチする事で、表現者としての方向性を模索する事
講義内容 現代美術演習Ⅰ同様、個々に表現内容の概念構築をマンツーマンで行い、
作品設置と記録及びプレゼンテーションと中間チェックを行う
評価方法 作品の設置と同時に個々のプレゼンテーション能力を総合的に評価する。
前後期、最低2回の個人チェックと2回の中間チェック、及び2回の講評に参加する事
教科書等 特になし
担当者プロフィール 現代表現領域 教授 鰕澤達夫 現代美術家 アートディレクター
彫刻専攻 教授 チャールズ・ウォーゼン 現代美術家  
備考