科目名 現代美術史Ⅰ
単位数 2.0
担当者 准教授 石松 紀子
履修時期 前期
履修対象 2年次
概要 第二次世界大戦後の1945年から1980年代までに展開した、アメリカ、ヨーロッパ、日本における美術動向を理解する。時代背景や社会状況を考慮しながら、それぞれの時代を映し出す多様な芸術表現の意味を検討し、現代美術史を概観する。(授業形態:講義)
科目の到達目標 1945年から1980年代までの美術動向について理解し、そのアウトラインを戦後史のなかに位置づけて説明することができる。
受講要件 特になし。
事前・事後学修の内容 自主的に現代美術の展覧会を見に行き、実際に作品や美術作家に接する機会をつくる。
講義内容 1. イントロダクション
2. 抽象表現主義
3. アンフォルメル
4. リアリズム
5. ポップ・アート1(リチャード・ハミルトン他)
6. ポップ・アート2(アンディ・ウォーホル他)
7. 反芸術1(ネオダダ他)
8. 反芸術3(読売アンデパンダン展他)
9. ミニマル・アート
10. ランド・アート
11. コンセプチャル・アート1(ジョゼフ・コスース他)
12. コンセプチャル・アート2(もの派他)
13. フルクサス
14. ヴィデオ・アート
15. パフォーマンス・アート
評価方法 課題(50%)、期末レポート(50%)
教科書等 授業中に適宜指示する。
担当者プロフィール
備考