科目名 芸術工学
単位数 2.0
担当者 非常勤講師 定國 伸吾
履修時期 前期
履修対象 2年次
概要 本講義では、表現を前提にしたプログラミング=“クリエイティブ・コーディング”を学ぶ。プログラミングやアルゴリズムの基礎を学んだ後、その後は、静的なコード、インタラクションのあるコード、ライブラリを活用した複雑な表現やコンテンツ制作と進める。【授業形態:講義】
科目の到達目標 プログラミングを用いた表現の可能性と手法を知る。
プログラミングを用いた表現の実践をおこなうことができる。
受講要件 特になし。
事前・事後学修の内容 次の講義内容について、予習・復習を行うこと。
講義内容 1.クリエイティブ・コーディングの概要
2.ツールの設定
3.図形と色
4.プログラミングとアルゴリズム基礎(1)
5.基礎制作課題
6.画像および音声の活用
7.コードによるアニメーション(1)
8.コードによるアニメーション(2)
9.マウスインタラクション
10.応用制作課題
11.ライブラリの活用と紹介
12.音声を用いたインタラクション
13.OpenCVによる画像解析を用いたインタラクション
14.ネットワーク上のデータを用いた表現
15.最終制作課題
評価方法 制作課題により評価する。
教科書等 適宜プリントを配布する。
担当者プロフィール 専門はユーザーインターフェイス。名古屋大学大学院情報科学研究科博士課程後期課程を修了。2014年から広島国際学院大学情報文化学部に奉職。緩やかで曖昧な変化をユーザーインターフェイスとして活用する研究をおこなう他、ネットワーク上の情報を活用した子供向けの遊びを提案・発表している。
備考