科目名 工芸制作Ⅰ(演習)
単位数 2.0
担当者 非常勤講師 田部 健次
履修時期 前期
履修対象 2年次
概要 七宝は、紀元前より装飾等に使われ、シルクロードから中国経て、日本で江戸時代以降盛んになり、明治、大正期に技術も進歩し美術工芸品として輸出も盛んになった。昭和になり手軽な手工芸品として発展し、広く一般に浸透し現在に至る。
伝統・現代の技法の習得、特に現代七宝の技法の習得に重きを置く。
科目の到達目標 伝統技術を習得し、将来講師として七宝焼きを指導できるようになる。
受講要件 特になし。
事前・事後学修の内容 文献や美術館等で七宝について学んだり鑑賞したりすること。
講義内容 1. 金工における七宝の歴史、今後の制作におけるシステム等について
2. 銅板、七宝釉について  単色塗り分けで初めての制作に入る
3. 制作 フリット・マーブル七宝
4. 制作 噴釉七宝
5. 制作 純銀箔平脱七宝
6. 制作 書き割七宝
7. 制作 ストライプ七宝
8. 制作 エッチング七宝
9. 制作 エッチング七宝
10. 制作 自由制作
11. 制作 伝統技法における有線七宝
12. 制作 伝統技法における有線七宝
13. 制作 鍛金技法での小皿制作
14. 制作 鍛金技法での小皿制作
15. 評価
評価方法 全ての制作作品で評価する。
教科書等 特になし。
担当者プロフィール 日展会友 現代工芸美術家協会本会員 尾道大学非常勤講師
備考 作業に適した服装で受講すること。
課題が多いので欠席のないよう望む。