科目名 工芸制作Ⅱ(演習)
単位数 2.0
担当者 非常勤講師 原紺 絢子
履修時期 前期
履修対象 2年次
概要 やきものは古来から日本人の生活の中に浸透し親しまれている。
この演習では、磁土による鋳込み技法を通して着想から具現化までのプロセスを体験し習得する。【授業形態:演習】
科目の到達目標 粘土や石膏の扱いを学び、教育現場などの実践に役立てられるようになる。
受講要件 デザイン工芸学科所属学生対象
事前・事後学修の内容 文献や博物館等でやきものについて学んだり鑑賞したりすること。
講義内容 1 導入 やきものについて、型もの制作について
2 デザイン
3 石膏原型制作
4 石膏原型制作
5 石膏原型制作
6 使用型制作
7 鋳込み制作
8 鋳込み制作
9 鋳込み制作
10 鋳込み制作
11 素焼き窯詰め
12 窯出し・絵付け
13 釉掛け
14 釉掛け・本焼き窯詰め
15 窯出し 講評 掃除
評価方法 受講状況と制作作品で評価する。
教科書等 特になし。
担当者プロフィール 陶芸作家 比治山大学非常勤講師
備考 受講希望者が15名を上回る際は、教職(高一種免:工芸)取得希望者を優先します。
作業工程が毎回異なりますので、出席を重視します。
演習の材料費として5,000円程度かかります。