科目名 デザイン概論
単位数 2.0
担当者 芸術学部 教授 及川 久男
履修時期 通年
履修対象 1年
概要 【授業形態:講義】
デザイン世界への導入講座である。
デザインを学ぶうえで必要な知識として、デザイン史を中心に広汎で様々なメディアを、オムニバス形式による構成でデザインが人間社会に与える影響のあり方を考察し理解を深める。
パワーポイントによる写真とヴィデオ映像を中心に授業を進める。
科目の到達目標 デザインの歴史は文明の歴史とも言える、世界の歴史とともにデザインが人間社会と経済とどのように関わり変化してきたのかを学びデザイン世界の幅広さと奥深さを知る。【温故知新】古きをたずね新しきを知ることによって未来のデザインが如何にあるべきかを見つける事。
受講要件 なし
事前・事後学修の内容 講義中に支持する。
講義内容 1 導入
2 デザイン史ー1 純粋美術と応用美術~美術家と工匠
3 デザイン史ー2 レオナルド・ダ・ヴィンチ
4 デザイン史ー3 産業革命とデザイン
5 デザイン史ー4 ウィリアムモリスと美術工芸運動
6 デザイン史ー5 ウィリアムモリスと美術工芸運動
7 デザイン史ー6 アール・ヌーヴォ、アール・デコの運動
8 デザイン史ー7 アール・ヌーヴォ、アール・デコの運動
9 デザイン史ー8 バウハウスの造形精神 
10 デザイン史ー9 バウハウスの造形精神
11 デザイン史ー10 バウハウスの造形精神
12 デザイン史ー11 イギリスのデザイン運動
13 デザイン史ー12 アメリカの機械文明とデザイン
14 デザイン史ー13 日本のデザイン
15 まとめ課題レポート
評価方法 ①授業の理解度を測るため毎回レポートを提出。
②期末テーマを与えレポートを提出
①と②の総合評価とする。
S(秀)レポートで90点以上 場合。
A(優)レポートで80点以上 場合。
B(良)レポートで70点以上 場合。
C(可)レポートで60点以上 場合。
D(不可)レポートで60点未満 場合。
教科書等 なし
担当者プロフィール
備考