科目名 工芸概論
単位数 2.0
担当者 非常勤講師 清水 愛子
履修時期 前期
履修対象 1年
概要 テーマは工芸の境界線。工芸とはどのようなものか、工芸という概念の変遷、工芸品の歴史、現在における工芸のあり方を通じて、多角的に考察を行なう。伝統の継承と革新を繰り返した工芸の歴史を踏まえ、これからの工芸のあり方についても受講者各々が考えることを試みる。
【授業形態:講義】
科目の到達目標 工芸というジャンルを様々な角度から考察することで、工芸に対する認識を深めると共に、多角的なものの見方や捉え方を今後の制作においても応用できるようになる。
受講要件 学習意欲があること。
事前・事後学修の内容 次の講義内容に即して予習・復習を行うこと。
講義内容 1 工芸とは ガイダンス
2工芸を支えているもの 博物館、美術館における工芸 
3工芸を支えているもの 国法制度 国宝の陶磁器  
4工芸を支えているもの 国法制度 国宝の染織・漆工
4工芸を支えているもの 国法制度 人間国宝による陶芸作品
5工芸を支えているもの 国法制度 人間国宝による染織作品
6工芸を支えているもの 工芸団体・公募展(事例:日本伝統工芸展)
7工芸を支えているもの 技(事例:京友禅)
8工芸を支えているもの 茶道・華道
9 工芸の境界線 01 枠組みとその越境
10工芸の境界線 02 陶芸作家の活動
11工芸の境界線 03 陶芸作家の活動
12工芸の境界線 04 染織作家の活動
13工芸の境界線 05 漆工作家・金工作家の活動
14工芸の外部
15まとめ、補足
評価方法 受講状況50%(不定期に行う授業内の小レポートを含む)、テスト50%の総合により評価する。
教科書等 授業中に随時プリントを配布する。
担当者プロフィール 2004京都工芸繊維大学博士後期課程修了
備考 「工芸」に対して各々が持っているイメージや先入観を明確化すると同時に、それをいったん取り払った上で、授業に臨んでもらいたい。