科目名 色彩論
単位数 2.0
担当者 芸術学部 教授 及川 久男
履修時期 後期
履修対象 1年
概要 【授業形態:講義】
 カラー時代と呼ばれて久しい現代,私たちの暮らしは,色彩をぬきにしては考える事はできません。しかし商品計画等に意識的に色彩が採用されたのは今世紀になってからでした。我々はそれを色彩革命と呼んでいます。それがTV等メディアのカラー化を契機として第2次色彩革命へと変貌をとげていきます。こうした色彩社会について考え学習をしていきます。
科目の到達目標  コミュニケーションを効果的に行うための,色彩学的な知見を得る
色彩学の基本から色彩の文化的側面,暮らしの中で色彩がどのように使われているかなど,実例を交えながら講義を行ない色彩学と色彩の効用についての理解を深めたい。
受講要件 なし
事前・事後学修の内容  講義のねらいにも書かれているように、本講義は、人の暮し(日常)の中の色彩を学ぶ授業です。常日頃より、色彩に高い関心と興味を持つ事が最も大切であり、それが何よりの予習、復習と成ります。
講義内容 1:色彩を学ぶうえで(導入)
2:色彩の物理的側面/光と色彩,スペクトル,電磁波と波長
3:色彩の生理的側面/なぜ色を感じるのか(金 秀敬)
4:色彩の心理的側面/温度感,重量感,味覚,色彩の心理影響
5:対比現像と残像/同時対比,継続対比,対比現像の効果応用
6:色とは/色と色材のちがい,加算(法) 混合と減算(法) 混合
7:そのほかの代表的な混合方法/並置混合,回転混合
8:表色系について/マンセル表色系 オストワルト,PCCS
9:色彩の三属性/明度と彩度と色相,原色とは何か、「トーン」という概念
10:色彩学のすすめ(尾登誠一)
11:色の名前/色名法について,基本色名と系統色名,固有色名
12:異色間の同色(渡辺邦夫)
13:黄金比(大友一貴)
14:暮らしのなかの色彩/衣食住と色彩,企業と色彩計画
15:まとめ/環境と色彩,暮らしの中で色彩をどのようにするか
評価方法 ①授業の理解度を測るため毎回レポートを課す。
②講義中に課題(異色間の同色)提出
①と②の総合評価とする。
S(秀)レポートと課題で90点以上 場合。
A(優)レポートと課題で80点以上 場合。
B(良)レポートと課題で70点以上 場合。
C(可)レポートと課題で60点以上 場合。
D(不可)レポートと課題で60点未満 場合。
教科書等 なし
担当者プロフィール 尾登誠一 東京芸術大学 教授 著書「色彩楽のすすめ」
金 秀敬 筑波大学博士特別研究員
渡邉邦夫 横浜国立大学 教授
大友和貴 目白短期大学 非常勤講師
備考