科目名 図法及び製図
単位数 2.0
担当者 非常勤講師 藤山 信博
履修時期 後期
履修対象 2年次
概要 芸術学部の学生が作品を制作する上で特に必要になってくるであろう内容に特化した図法を学ぶ。またそれを手書きで3次元として表現する、投影法や透視図の基礎概念と、実際の応用方法を分かりやすく教授する。
【授業形態:講義・実習】
科目の到達目標 学生自らの考案又は創造した形態を、誤解なく第三者に伝えるための図面の書き方を修得する。
受講要件 止むを得ない事情(公欠、病欠、部活動、等)を除き、第1回ガイダンスを受講すること。
事前・事後学修の内容 講義内容に即して復習し、講義毎の課題を次週に提出する。
講義内容 1.  ガイダンス  製図の基本事項 線の用法 寸法の表し方
2.  第一角法と第三角法
3.  第三角法
4.  等角投影(アイソメトリック)
5.  第三角法と等角投影の実践1 
6.  第三角法と等角投影の実践2 箱物家具のデザイン
7.  1消点簡略図法1
8.  1消点簡略図法2
9.  1消点簡略図法3
10. 2消点簡略図法1
11. 2消点簡略図法2
12. 2消点簡略図法3
13. 第三角法、2消点簡略図法にて自由設計
14. 同上
15. 同上(プレゼンテーション発表)
評価方法 受講状況50% 課題と提出状況(50%)
全課題を提出とし、その内容や提出期限を考慮して総合的に評価する。
ただし、5回以上の欠席で不可の評価とする。
教科書等 参考図書:第三角法による工業図学(工学図書株式会社)
     プログラム学習による図面の読みかた(廣済堂科学情報社)
販売はしない。授業ごとにプリント配布。
担当者プロフィール 一級建築士。
1992 宇都宮大学大学院工学研究科建築工学専攻修士課程修了
1993 東京藝術大学大学院美術研究科建築専攻黒川研究室
2000~藤山建築デザイン事務所主催。主に住宅、店舗、家具、プロダクト他設計。
備考 プロジェクトペーパーA3 5mm方眼罫 1冊、 トレーシングペーパーA3 1冊、
三角スケール、30cm直定規、コンパスあるいは円定規が必要。
第1回目の講義で詳細を説明する。