科目名 美術解剖学Ⅰ
単位数 2.0
担当者 非常勤講師 今井 良枝
履修時期 前期
履修対象 1年次
概要 【造形表現のための人体解剖学】
美術解剖学Ⅰでは基礎となる「骨格」について学ぶ。
※骨標本や解剖図などを用いて解説する。受講者は自分の体や骨標本をデッサンすることによって骨の構造に対する理解を深める。
〈授業形態:講義〉
科目の到達目標 ①人体構造の機能や美しさを各々の視点で発見する。
②解剖学的知見をそれぞれの制作に応用する力をつける。
(人体の凹凸をただ表面的になぞるのではなく、内部構造を意識しながら人体を捉えることによってより的確で深い表現が出来る。)
受講要件 生命に対する畏敬の念を持っている方
事前・事後学修の内容 講義内容の予習・復習を行うこと。
講義内容 1 なぜ美術解剖学が必要なのか?
2 全身の構成
3 プロポーション
4 骨学概論
5 頭部の骨
6 脊柱
7 胸郭
8 上肢の骨格Ⅰ(鎖骨・肩甲骨)
9 上肢の骨格Ⅱ(上腕・前腕)
10 上肢の骨格Ⅲ(手)
11 下肢の骨格Ⅰ(骨盤)
12 下肢の骨格Ⅱ(大腿・下腿)
13 下肢の骨格Ⅲ(足)
14 制作への応用
15 まとめ
※受講生の理解度や関心により一部内容を変更することがある
評価方法 課題、レポート、授業への取組み等を総合的に評価する。
教科書等 教科書:プリント配布。
参考書:授業の中で紹介する。参考までに「Human Anatomy for Artists: The Elements of Form」(Eliot Goldfinger著) 、「プロメテウス解剖学アトラス 解剖学総論/運動器系」(監訳:坂井 建雄/松村 讓兒)など
担当者プロフィール 専門: 油絵、美術解剖学
備考 ◆美術解剖学の授業は、ただ単に体の構造の知識を得るのではなく、人体の機能や美しさなどに感動することに大きな意味があると思っている。驚きや感動、知りたいと思う気持ちを大切にしつつ、授業に臨んで欲しい。
※デッサン道具と色鉛筆(12色程度)を持参。