科目名 構成実習Ⅰ(平面)
単位数 2.0
担当者 准教授 前田 力
履修時期 後期
履修対象 美術学科日本画専攻1年
概要 授業形態:実習
設定される実習課題:

日本画の画面構成は、多様で独特の様式が見られる。仏教美術の左右対称な構成、絵巻物の連続的な構成、障壁画に見られる大胆な金箔による面や鎗霞みによる構成、浮世絵に見られる豊かなみせかたのアイデア、現代日本画の西洋の絵画表現を取り入れた構成と興味深い。日本画の制作実習を通し、これらの文化的財産を学び、新しい日本画の創造を目指す。
科目の到達目標 絵巻を観察し、模写することにより古典的な線描の構成を体感する。また、写生から小下図、大下図、本画制作という行程の中で、日本画の表現様式に触れ、絵画的な構成力を養う。
受講要件 美術学科日本画専攻1年次
事前・事後学修の内容 日本画の各時代の様式を美術館や画集等で研究鑑賞する事。
講義内容 1 絵巻の観察と模写
  ・複製や画集により絵巻の構成を研究
  ・絵巻模写
  ・講評
2 日本画制作を通して
  ・デッサン、スケッチ
  ・下図制作と下図研究会
  ・大下図制作
  ・本画制作
  ・講評
評価方法 実習への取り組み姿勢、理解度、出席状況を実習進度の段階ごとにチェックし評価の基準とする。提出作品により観察力、造形力、表現技術の到達度を点数化し評価する。各課題における作品提出を単位取得(可)の条件とする。さらに作品に感性の豊かさや表現の的確さが認められるものを(良)、優れたものを(優)、特に優れたものを(秀)とする。
教科書等 必要に応じて画集等を提示。
担当者プロフィール 前田 力・日本美術院特待
備考 日本画実習Ⅰと並行して学習する