科目名 デッサン実習Ⅰ
単位数 2.0
担当者 助教 山浦めぐみ
履修時期 後期
履修対象 美術学科日本画専攻1年次
概要 授業形態:実習
人体は生命のある自然の造形として豊かな表情を持つ。
日本画専攻において人体デッサンは、絵画表現に必要な観察力や造形力を身に付け、感受性を涵養する重要な基礎実習の一つと位置づけている。
短時間で対象を捉えて表現するクロッキーと、時間をかけて描き込むデッサンを行う。
科目の到達目標 人体デッサンを通して骨格等の形態や、空間、質感、調子等の造形的要素を把握し、基礎的な観察力、表現力を高める。
受講要件 美術学科日本画専攻1年次
事前・事後学修の内容 美術館や画集等でデッサンの研究、鑑賞をしておくこと。
授業開始日までにクロッキーブック1冊とB2パネルを購入し、パネルには画用紙を水張りしておくこと。
デッサンは基本的に鉛筆、練りゴムを用いることとするが、クロッキーの際には木炭やパステル等任意の描画道具を用いてもよい。
講義内容 期間を通じ、1週間〜2週間を1クールとした下記内容の実習を行なう。
但し、進捗状況および日本画実習の全体カリキュラムを鑑み、若干の構成変更を行なう場合がある。
その際は事前に受講生に変更の主旨および内容を伝える。

《実習1日目・2日目》
 クロッキー
  ・解説(実習前もしくは実習中に適宜実施)
  ・5分ポーズ または 10分ポーズのローテーション(ポーズは任意、受講生間で計画・相談すること)

《実習3日目〜最終日》
  ・固定ポーズの設定(教員による指定、または任意に受講生間で計画)
  ・固定ポーズでデッサン(20分ポーズ・10分休憩を1セットとし、1日6セット行なう)

《最終日・デッサン終了後》
  ・受講生によるプレゼンテーション(クロッキー・デッサンの自己評価)
  ・教員による講評(クロッキー・デッサンについての客観的評価)
評価方法 実習への取り組み姿勢および理解度を実習進度の段階ごとにチェックし評価の基準とする。
提出作品から観察力、造形力、表現技術の到達度をはかり、点数化して評価する。
各課題における作品提出を単位取得(可)の条件とする。さらに作品に感性の豊かさや表現の的確さが認められるものを(良)、優れたものを(優)、特に優れたものを(秀)とする。
教科書等 特になし。
授業中に画集等の参考作品を必要に応じて提示する場合がある。
担当者プロフィール
備考