科目名 材料実習Ⅰ
単位数 2.0
担当者 准教授 前田 力
履修時期 前期
履修対象 美術学科日本画専攻1年
概要 日本画と言う名称は明治時代に西洋画に対して作られたもので、それ以前の日本の絵画は絵巻物、花鳥画、金碧障壁画、山水画、水墨画等様式や技法材料によって様々な名称があった。現代に於いて日本画はこれらの材料、絹や和紙等に膠を用いて顔料を定着させて描く絵画として一般に認識されている。材料論演習では、その特徴的な材料の基本的な知識や使い方を学習する。
科目の到達目標 日本画材料は、初め不便で扱いが困難に感じるかもしれないが、日本ではこの技法が途絶えること無く受け継がれてきた。日本画制作の実習の中で材料の魅力を感じ取り、正しい扱い方を身につけたい。
受講要件 美術学科日本画専攻1年次
事前・事後学修の内容 必要な画材は、授業で指示する。
講義内容 日本画材料の解説と実習
1 和紙について解説
  ・雲肌麻紙、薄美濃紙を基底材とした制作 
  ・和紙の諸相について実習を通して学ぶ(学外実習)
2 膠について解説
  ・絵具の接着材や礬水として膠を使った制作
3 墨、硯について解説
  ・骨描きや、模写による墨を使った制作
4 顔料について解説
  ・天然岩絵具、新岩絵具、水干絵具、染料等を使った制作
5 筆、刷毛について解説
  ・絵刷毛、礬水刷毛、面相筆、彩色筆、則妙筆、隈取筆を使った制作
6 その他の材料
  ・念紙、乳鉢等を使った制作
評価方法 実習への取り組み姿勢、理解度、出席状況を実習進度の段階ごとにチェックし評価の基準とする。提出作品により観察力、造形力、表現技術の到達度を点数化し評価する。各課題における作品提出を単位取得(可)の条件とする。さらに作品に感性の豊かさや表現の的確さが認められるものを(良)、優れたものを(優)、特に優れたものを(秀)とする。
教科書等 画集等の参考資料を必要に応じて提示する。
担当者プロフィール 前田 力  日本美術院
備考 日本画実習Ⅰと並行して学習する