科目名 技法演習(裏打技法)
単位数 2.0
担当者 芸術学部教授 藁谷 実、非常勤講師 半田昌規
履修時期 後期
履修対象 美術学科日本画専攻4年
概要 授業形態:演習
設定される課題:裏打ち講義及び演習
日本画制作の主な基底材となる和紙や絹の薄くしなやかな味わいを損なわずに補強するため、本紙に裏打ちする。
科目の到達目標 和紙の性質や保存について理解を深め、裏打ち技法を身につける。3年次までは薄美濃紙に迎え打ちの実習を行ってきたが、4年次では卒業制作の基底材とする大作用和紙の裏打ち技法を習得する。
受講要件 1、2、3年次の日本画専攻の専門科目をすべて履修し終えていること。
事前・事後学修の内容 各自制作の中で実践し、確実に技法を習得すること。
講義内容 裏打ち演習
Ⅰ 実技解説
 1、道具の準備、使い方の解説 
 2、裏打ち紙の準備、喰い裂き継ぎ
 3、本紙準備【紙取り、ドーサ引き】
 4、生麩糊 糊炊き、裏ごし、糊溶き
 5、裏打ち【迎え打ち】
 6、乾燥
 7、パネル下張り
 8、本紙張り込み
 9、乾燥
Ⅱ 実技解説の後、各自裏打ち1から9の工程を実施
10、裏打ち1から9の工程を実施
11、裏打ち1から9の工程を実施 
12、裏打ち1から9の工程を実施
13、裏打ち1から9の工程を実施
14、裏打ち1から9の工程を実施
15、裏打ち1から9の工程を実施
評価方法 実習への取り組み姿勢、理解度を実習進度の段階ごとにチェックし評価の基準とする。提出作品により観察力、造形力、表現技術の到達度を点数化し評価する。各課題における作品提出を単位取得(可)の条件とする。さらに作品に感性の豊かさや表現の的確さが認められるものを(良)、優れたものを(優)、特に優れたものを(秀)とする。
教科書等 特に無し
担当者プロフィール 藁谷実 日本美術院同人、半田昌規 株式会社半田九清堂代表取締役
備考