科目名 材料実習Ⅱ(金属材料)
単位数 2.0
担当者 准教授 荒木亨子、非常勤講師 月岡裕二
履修時期 後期
履修対象 美術学科日本画専攻2年
概要 授業形態:実習
設定される実習課題:日本画技法における金属材料技法
          金属泥、金属箔ー砂子、金属箔ー野毛・截金、金属箔を用いた日本画制作・研究
・材料実習Ⅱでは日本画制作における金属材料の技法のうち、金銀泥、砂子、野毛、截金等の伝統技法を実習を通して基本的な知識や使い方を学習する。
科目の到達目標 伝統的な技法を知識とともに体得し、古典への理解を深めるとともに、自己の制作の中で新たな可能性を探る。
受講要件 1年次における日本画専攻の専門科目をすべて単位修得していること。
事前・事後学修の内容 ・関連作品、図版の鑑賞
・授業の後も各自の制作の中で実践し、材料の知識や技法を確実なものとする。
講義内容 「金、銀泥」
 ・金、銀泥技法材料の解説【金、銀泥の種類ついて、技法の特徴、材料特性 等】
 ・金、銀泥技法実習【溶き方、描法】

「金属箔」
 ・金属箔技法材料の解説【金属箔の種類ついて、技法の特徴、材料特性 等】
 ・金、銀泥技法実習【礬水(ドーサ)、箔あかし、箔押し(平押し)、仕上げ、礬水引き】

「金属箔―砂子」
 ・金属箔―砂子の解説【砂子技法の種類ついて、技法の特徴、材料特性 等】
 ・金属箔―砂子技法実習【礬水(ドーサ)、砂子の作り方、砂子を蒔く、仕上げ、礬水引き】

「金属箔―野毛・截金」
 ・金属箔―砂子の解説
 【野毛・截金技法の種類ついて、技法の特徴、材料特性、竹刀の使い方、削り方、截金の作り方、截金】
 ・金属箔―砂子技法実習【礬水(ドーサ)、仕上げ、礬水引き】

「金属箔を用いた日本画制作・研究」
評価方法 実習への取り組み姿勢、理解度を実習進度の段階ごとにチェックし評価の基準とする。提出作品により観察力、造形力、表現技術の到達度を点数化し評価する。各課題における作品提出を単位取得(可)の条件とする。さらに作品に感性の豊かさや表現の的確さが認められるものを(良)、優れたものを(優)、特に優れたものを(秀)とする。
教科書等 必要に応じて参考資料を紹介
担当者プロフィール 荒木亨子・創画会会員
月岡裕二・切金師・日展会員 日本新工芸家連盟理事
備考 経費は受講者の自己負担とする。