科目名 彫塑演習
単位数 2.0
担当者 准教授 荒木 亨子、教授 伊東敏光(彫刻専攻)、非常勤講師 木村東吾
履修時期 後期
履修対象 日本画専攻2年
概要 授業形態:演習
設定される演習課題:モデルの首部を粘土で造る、塑造制作(首)
科目の到達目標 ・首像制作を通して、人体の構造や動きを捉える観察力と基礎的な造形力を養う。
・彫刻制作の基本的技術を段階的に修得する。
受講要件 1年次における日本画専攻の専門科目をすべて単位修得していること。
事前・事後学修の内容 ・関連作品、図版の鑑賞
・使用した材料の知識や技術、立体造形の考え方等を確実なものとする。
講義内容 塑造制作(首)を主題とした彫塑演習
1課題説明
2素描・クロッキー 制作計画【クロッキー・デッサン等】                               
3粘土練り
4心棒制作 制作準備【心棒づくり、粘土、支持体等】
5塑像制作 【技法、材料研究、表現性についての研究】
6塑像制作 【技法、材料研究、表現性についての研究】 
7塑像制作 【技法、材料研究、表現性についての研究】
8塑像制作 【技法、材料研究、表現性についての研究】
9塑像制作 【技法、材料研究、表現性についての研究】  
10塑像制作【技法、材料研究、表現性についての研究】
11塑像制作【技法、材料研究、表現性についての研究】
12塑像制作【技法、材料研究、表現性についての研究】
13塑像制作【技法、材料研究、表現性についての研究】
14塑像制作【技法、材料研究、表現性についての研究】
15講評会【講評(教員)、塑像作品プレゼンテーション(学生)、客観的な自己作品評価の研究】                                                                
 
評価方法 立体の把握力、基礎的造形力、技術の修得度の到達度を点数により評価する。
教科書等 授業中に図版等の参考作品を必要に応じて提示
担当者プロフィール 荒木亨子・創画会会員
伊東敏光・
木村東吾・
備考 ・事前に指定した用具、画材を用意すること。