科目名 版画制作実習Ⅰ
単位数 2.0
担当者 講師 釣谷幸輝
履修時期 後期
履修対象 1年次
概要 版画領域の凹版の代表的な技法である銅版画による制作実習をノン・トクシック技法により行う。主にハードグランドエッチングなどの代表的な腐食法とドライポイントやメゾチント等による直接法の中から一種ないしは数種を選択し、銅版画の基本的な技術とその概念の理解を深めるとともに、制作者の健康と地球環境に優しいノン・トクシック(無害な)版画技法を修得する実習である。

科目の到達目標 銅版画の様々な技法が持つ表現力を体験する中で、芸術表現としての銅版画における造形の考え方について学ぶとともに、ノン・トクシック技法を学ぶことで、制作者の健康や地球環境に対する認識をも理解する。また油絵における造形の考え方を比較しながら、版表現と油絵による絵画表現との関係についても考察を進める。
受講要件 版画の基礎的な理解のあることが望ましいが、講義は初めての体験として進める。
事前・事後学修の内容 版による造形の概念と表現について、自覚的かつ積極的な制作と考察を行う。
講義内容 1  授業説明 版画概論 銅版画概論
2  デモンストレーション
3  下絵制作(個別相談)前半
4  下絵制作(個別相談)後半
5  製版 グランドの塗布、目立て
6  製版 下絵の転写、ニードルによる描画、目立て
7  製版 ニードルによる描画、目立て
8  製版 エッチング腐食(1回目)、太い線による製版
9  製版 エッチング腐食(2回目)、細い線による製版
10 製版 アクアチント腐食(1回目)、薄い調子による製版
11 製版 アクアチント腐食(2回目)、濃い調子による製版
12 試刷り 修正
13 提出用作品の刷り
14 Ed.分の刷り 乾燥、サイン入れ
15 作品提出、講評会
評価方法 制作態度および作品のクオリティ。授業で制作した作品1点を提出。
銅版画の概念と基本的な技術の理解度、作品の密度と完成度、表現力を評価する。
提出作品の内容や造形において工夫が認められる場合「良」とし、授業に向かう姿勢を含めた総合的な観点において高い学習成果が認められるものを「優」とする。その中でさらに独創性をもつ制作について「秀」と認定する。作品提出を条件に「可」以上とし、未提出の場合「不可」とする。
教科書等 視聴覚教材。講義、実習で紹介する各書。『版画の技法と表現』町田市立国際版画美術館刊、『世界版画史』美術出版社刊。
受講生は特に用意する必要はない。
担当者プロフィール
備考 教材費として7,000円程度が必要。