科目名 構成演習Ⅰ(平面)
単位数 2.0
担当者 芸術学部 准教授 志水児王
履修時期 前期
履修対象 1年
概要 絵画の歴史のなかで繰り返し登場するモチーフとしての「鏡」。与えられた「鏡」を1人1枚以上自由に使用して構成して描く。
科目の到達目標 構成の諸要素を演習によって多角的に学び、各自の作品に応用できるようになる事。
受講要件 この科目は、油絵専攻の学生は1年次必修科目であるので履修すること。
学外に於けるフィールドワークを行い、講評会では、作品に関して各自プレゼンテーションを行う。
事前・事後学修の内容 幅広い知識と見識を養う演習であることを自覚すること。
講義内容 この科目では、鏡を自画像を描くための素材としてではなく、鏡の絵画的な歴史性、鏡の自体の持っている素材の魅力を十分に引き出し、行為する事で表現の可能性と意義を探ろうとするものである。
ガイダンス時に構成に関しての講義を行なう。また制作過程において、学外における実地調査、並びにデッサン、エスキース、写真撮影なども行なう。
制作は基本的に平面作品とし、素材や手法は個々のエスキースに沿って面談しながら指導する。

1 ガイダンス、講義、
2 フィールドワーク(モチーフの発見)
3 フィールドワーク(テーマの発見)
4 取材、プラニンニング補助 
5 面談(プランニングーアイデアの構成)
6 面談(プランニングー構想)
7 制作(試作と実践)
8 制作(制作の発展)
9 制作(制作の展開)
10 制作(継続)
11 制作(個別中間講評)
12 制作(制作の詳細確認)
13 制作(細部の仕上げと調整)
14 制作、講評準備
15 プレゼンテーション、講評
(授業を通じて必要な面談と指導を行う。講評会では、各自、制作過程の説明を含めた5分程度のプレゼンテーションを行う。)
評価方法 実習中の取り組みの積極的参加度や授業態度、講評会でのプレゼンテーションを評価の基本条件とします。演習中の指導に則して表現力や技術力の修得について関心をもって制作したと認められ、作品提出が完了した場合に、単位取得の基準と条件を満たしたとものとし、提出作品の造形力や表現内容について点数化して評価します。判定の基準として出席状況などの取り組みや提出作品の内容が満たされていれば「可」とし、提出作品の内容や造形に工夫が認められた場合「良」とし、出席率や授業態度も含めた総合的観点において高い学習成果が認められたものを「優」とします。その中でさらに独自性を表した制作について「秀」と認定します。
教科書等 参考資料を必要に応じて提示、またはコピーを配布する。
担当者プロフィール
備考