科目名 油絵基礎演習
単位数 2.0
担当者 助教 向川貴晃
(他:教授 大矢英雄、教授 森永昌司、准教授 諏訪敦、准教授 志水児王、講師 釣谷幸輝、講師 佐藤尉隆)
履修時期 前期
履修対象 1年次
概要 油絵の基礎課程として開講する。
基本的表現について、石膏像と室内空間を題材として修練する。
授業形態:演習
科目の到達目標 油絵表現の基礎力(デッサン力、技法的側面)についてより深い知識、見解と技術の修得を目指す。
受講要件 油絵専攻の学生は1年次必修科目であるので履修すること。
事前・事後学修の内容 各課題ごとに課題説明、講評会を行う。
課題の為の設営、備品運搬などの事前準備にも参加する事。
講義内容 この演習は油絵専攻教員全員で分担し、各教員の提示するカリキュラムによる演習を行い、油絵造形の総合的な基礎力を習得するために開講される。

 1  石膏像のある「室内空間」(油絵)課題説明
    デッサンの勉強の為に石膏像を木炭、鉛筆等で描いてきたが、今回は油絵にてデッサンを行うつもりで、
    石膏像がある室内空間を描き、像だけでなく、それを取り巻く空間を意識して制作を行う。
 2  石膏の選出
 3  空間探しと場所決め
 4  石膏像と空間の構成、配置
 5  クロッキー 様々な場所、角度から行う
 6  クロッキー 位置決め
 7  油絵の為の下準備、地塗りや下絵
 8  画面への構図決め、下描き(木炭又は鉛筆)
 9  中間講評
10  油絵制作 油絵具による下描き
11  油絵制作 形取り、明暗
12  油絵制作 見せ所、捉え方、“もの”と空間の関係性、遠近法(構図、色彩、タッチによる様々な方法の考察)
13  油絵制作 マッス、空間への意識
14  油絵制作 仕上げに向けての描き込み
15  作品のプレゼンと講評

【各カリキュラムの流れ】
・課題説明ガイダンス(受講上の注意点、実習の概要解説)
・制作
・中間講評
・制作
・プレゼンと講評、作品の提出(時期はその都度掲示及びメールで指示する)
・作品記録
評価方法 演習中の取り組みの姿勢や授業態度と課題説明の捉え方や講評会でのプレゼンを評価の基本条件とし、提出作品の造形力や表現内容について点数化して評価する。
指導に則して表現力や技術力の修得について関心をもって制作したと認められ、作品提出が完了(提出作品は記録で残します)した場合に、単位取得の基準と条件を満たしたものとして評価する。
判定の基準として課題への取り組みや提出作品の内容が満たされていれば「可」とし、提出作品の内容や造形的に工夫がなされているものを「良」とする。これらに加え、制作において各々が問題意識と自身の取り組むべき課題意識を見つけ出す自己分析をはじめとする積極的な取り組みの姿勢や工夫など、授業態度も含めた総合的観点において高い学習成果が認められたものを「優」とする。その中でさらに独自性を表した制作について「秀」と認定する。
教科書等 別途提示する
担当者プロフィール
備考