科目名 版画制作実習Ⅱ
単位数 3.0
担当者 講師 釣谷幸輝
履修時期 前期
履修対象 2年次
概要 四版種のひとつである凸版技法の中から、緻密で写実的な版画表現が期待出来る木口木版画技法を学ぶ実習である。「版木の準備」「下絵の制作」「製版」「摺り」の基本的なプロセスに加え、バレンによる「雁皮刷り」も行う。
科目の到達目標 凸版技法における造形の考え方と版表現についての体験を進めながら、木口木版画特有の美意識と構造について考察し、またバレンによる雁皮刷りを通して、日本の伝統的な技術についても理解を深める。これらの体験と考察を通して自らの専門領域である油絵との造形における考え方の相違を比較研究する。
受講要件 『版画制作実習1』等で、ほかの版式による版画体験があることが望ましい。
事前・事後学修の内容 凸版、木口木版画の歴史的背景を自覚的に調査し、積極的に制作に取り組む。
講義内容 1  授業説明 版画概論 木口木版画概論
2  デモンストレーション
3  版木の準備
4  下絵の制作(個別相談)前半
5  下絵の制作(個別相談)後半
6  下絵の転写、製版 輪郭の彫り
7  製版 明暗描写
8  製版 立体感の描写
9  製版 ディテールの表現
10 製版 バランス調整
11 試し摺り
12 修正
13 提出用作品の摺り
14 Ed.分の摺り、乾燥、サイン入れ
15 作品提出、講評会
評価方法 制作態度および作品のクオリティによって評価。授業で制作した作品1点を提出。
凸版の概念と技法の理解度、作品の密度と完成度、また表現力を重視し評価する。
提出作品の内容や造形に工夫が認められる場合「良」とし、授業に向かう姿勢を含めた総合的観点において高い学習成果が認められるものを「優」とする。さらにその中から独創性を持つ制作について「秀」と認定する。作品提出を条件に「可」以上とし、未提出の場合「不可」とする。
教科書等 視聴覚教材。講義の中で紹介する各書。『版画の技法と表現』町田市立国際版画美術館刊、『世界版画史』美術出版社刊等
特に受講生は用意する必要ない。
担当者プロフィール
備考 教材費として7,000円程度が必要。