科目名 デッサン実習Ⅰ
単位数 2.0
担当者 助教 七搦綾乃
履修時期 通年
履修対象 美術学科彫刻専攻1年次
概要 授業形態:実習
モチーフを様々な方向から観察し、構造、奥行き、量を捉え、デッサン表現する。
この『デッサン実習Ⅰ』は、『彫刻実習Ⅰ』の「塑造(首像)」、「塑造(胸像)」と関連し、彫刻制作をおこなう上で重要な「対象を観察し構造的に把握する力」を養う目的がある。また立体的な対象を、平面上に表現する絵画的技術の習得を目的とする。
科目の到達目標 デッサンを通して、絵画表現の基礎を学び、また彫刻制作に必要な対象に対する観察力と立体的な把握力、内部構造について理解する。
受講要件 美術学科彫刻専攻1年次
事前・事後学修の内容 人体の構造や形態を理解するために解剖的観点の知識も必要である。各自資料を収集したり、画集等による研究に取り組むこと。
講義内容 【前期】

デッサン -首像-(指導教員:教授 前川義春、助教 七搦綾乃)
第1週   課題解説
第2週   頭部全体のクロッキー(鉛筆、コンテ)
第3週   頭部各部位のクロッキー(鉛筆、コンテ)
第4週   デッサン制作①(人体の構造の学習/骨格)
第5週   デッサン制作②(人体の構造の学習/筋肉)
第6週   デッサン制作③(人体の構造の学習/各部位)
第7週   デッサン制作④(デッサン技術の研究/量感の表現)
第8週   デッサン制作⑤(デッサン技術の研究/陰影の表現)
第9週   デッサン制作⑥(デッサン技術の研究/細部の表現)
第10週   デッサン制作⑦(デッサン技術の研究/構造の表現)
第11週  デッサン制作⑧(デッサン技術の研究/動勢の表現)
第12週  デッサン制作⑨(参考作品の研究/西洋)
第13週  デッサン制作⑩(参考作品の研究/東洋・日本)
第14週  デッサン制作⑪ 仕上げ
第15週  講評

【後期】

デッサン -胸像-(指導教員:教授 伊東敏光、助教 七搦綾乃)
第1週   課題解説
第2週   胸像全体のクロッキー(鉛筆、コンテ)
第3週   胸像各部位のクロッキー(鉛筆、コンテ)
第4週   デッサン制作①(人体の構造の学習/骨格)
第5週   デッサン制作②(人体の構造の学習/筋肉)
第6週   デッサン制作③(人体の構造の学習/各部位)
第7週   デッサン制作④(デッサン技術の研究/量感の表現)
第8週   デッサン制作⑤(デッサン技術の研究/陰影の表現)
第9週   デッサン制作⑥(デッサン技術の研究/細部の表現)
第10週   デッサン制作⑦(デッサン技術の研究/構造の表現)
第11週  デッサン制作⑧(デッサン技術の研究/動勢の表現)
第12週  デッサン制作⑨(参考作品の研究/西洋)
第13週  デッサン制作⑩(参考作品の研究/東洋・日本)
第14週  デッサン制作⑪ 仕上げ
第15週  講評
評価方法 通常実習中の取り組み姿勢、理解度を実習の段階ごとにチェックし評価の基準とする。提出作品により造形力、表現技術の到達度を点数化し評価する。 実習を通して観察力と基礎的な表現技術を修得し、作品提出することを単位取得「可」の条件とする。さらに作品に感性の豊かさや表現の的確さが認められるものを「良」、優れたものを「優」、より優れたものを「秀」とする。 提出作品により造形力、表現力、技術の修得度を点数化し評価する。
教科書等 参考作品等、デッサン資料
担当者プロフィール 七搦綾乃:木彫を専門とし、木を素材とした彫刻表現について研究を行っている。人体彫刻から出発し現在は自然物など身近な造形を観察し、そこから形態や質感を抽出して作品化することを試みている。
備考 【教職】中・高一種(美術)