科目名 デッサン実習Ⅱ
単位数 2.0
担当者 助教 七搦綾乃
履修時期 通年
履修対象 美術学科彫刻専攻2年次
概要 授業形態:実習
この『デッサン実習Ⅱ』は、前期『テーマ制作(ミクストメディア)』の課題「100枚ドローイング」、後期『彫刻実習Ⅱ』の「塑造(全身100㎝程度)」と関連し、彫刻制作をおこなう上で重要な「対象を観察し構造的に把握する力」を養う目的がある。また立体的な対象を平面上に表現する絵画的技術の習得を目的とする。
短期に集中的にドローイングを行うことで、自分のアイディア、思考、事物の有り様を的確かつ効果的に表現する手法を養う。また、ドローイングの枚数を蓄積させていくことで、自覚しにくい自分自身の視点や傾向、考え方などを客観的に検証する機会を得る。
授業形態:実習
科目の到達目標 ドローイングを通して、絵画表現の展開を学び、また彫刻制作に必要な描写力や、構造的な把握力、発想力の学習をおこなう。
デッサンを通して、絵画表現の基礎を学び、また彫刻制作に必要な対象に対する観察力と、立体的な把握力、内部構造について理解する。
受講要件 1年次における彫刻専攻の専門科目をすべて履修し終えていること。
事前・事後学修の内容 人体の構造や形態を理解するために解剖学的観点の知識も必要である。各自資料を収集したり、画集等による研究に取り組むこと。
講義内容 【前期】

「100枚ドローイング」(指導教員:教授 チャールズ・ウォーゼン、助教 七搦綾乃)
第1週   課題説明
第2週   ドローイング制作①(描画材の研究/鉛筆、色鉛筆)
第3週   ドローイング制作②(描画材の研究/コンテ)
第4週   ドローイング制作③(描画材の研究/パステル)
第5週   ドローイング制作④(描画材の研究/水彩絵具)
第6週   ドローイング制作⑤(描画材の研究/墨)
第7週   ドローイング制作⑥(描画材の研究/マジック)
第8週   ドローイング制作⑦(描画材の研究/複合素材)
第9週   ドローイング制作⑧(支持体の研究/紙) 
第10週   ドローイング制作⑨(支持体の研究/紙以外の支持体)
第11週  ドローイング制作⑩(参考作品の研究/西洋の表現)
第12週  ドローイング制作⑪(参考作品の研究/東洋・日本の表現)
第13週  ドローイング制作⑫(参考作品の研究/現代の表現)
第14週  ドローイング制作⑬(展示方法の研究)
第15週  展示、講評
※期間中、スライドを用いた作例紹介を行う

【後期】

「デッサン -塑像全身-100㎝程度」(指導教員:講師 田中圭介、助教 七搦綾乃)
第1週   課題解説
第2週 全身のクロッキー(鉛筆、コンテ)
第3週   各部位のクロッキー(鉛筆、コンテ)
第4週   デッサン制作①(人体の構造の学習/骨格)
第5週   デッサン制作②(人体の構造の学習/筋肉)
第6週   デッサン制作③(人体の構造の学習/各部位)
第7週   デッサン制作④(デッサン技術の研究/量感の表現)
第8週   デッサン制作⑤(デッサン技術の研究/陰影の表現)
第9週   デッサン制作⑥(デッサン技術の研究/細部の表現)
第10週   デッサン制作⑦(デッサン技術の研究/構造の表現)
第11週  デッサン制作⑧(デッサン技術の研究/動勢の表現)
第12週  デッサン制作⑨(参考作品の研究/西洋)
第13週  デッサン制作⑩(参考作品の研究/東洋・日本)
第14週  デッサン制作⑪ 仕上げ
第15週  講評
評価方法 通常実習中の取り組み姿勢、理解度を実習の段階ごとにチェックし評価の基準とする。提出作品により描写力、構造的な把握力、発想力の到達度を点数化し評価する。 実習を通して描写力、構造的な把握力、発想力を修得し、作品提出することを単位取得「可」の条件とする。さらに作品に感性の豊かさや表現の的確さが認められるものを「良」、優れたものを「優」、より優れたものを「秀」とする。
教科書等 参考作品等、ドローイング資料
担当者プロフィール 七搦綾乃:木彫を専門とし、木を素材とした彫刻表現について研究を行っている。人体彫刻から出発し現在は自然物など身近な造形を観察し、そこから形態や質感を抽出して作品化することを試みている。
備考 【教職】中・高一種(美術)