科目名 古美術研究(演習)
単位数 6.0
担当者 芸術学部 教授 チャールズ・ウォーゼン
履修時期 通年
履修対象 美術学科彫刻専攻3年次
概要 授業形態:講義、演習
古美術研究事前講義を学内で2度受講した後、毎年12月8日から12月17日の期間に京都、奈良への古美術研究旅行を行う。また旅行中に3度の古美術研究現地講義を受講する。特別拝観、一般拝観を通して飛鳥、白鳳、奈良、平安、鎌倉時代を中心に国宝、重要文化財に指定されている仏像、建築物、障壁画、庭等の研究を行う。
科目の到達目標 精神性の高い日本の古美術を講義と実際の拝観から総合的に研究することにより、歴史性、造形性の深さを体感し、自己の造形力を高める。
受講要件 1、2年次における彫刻専攻の専門科目をすべて履修し終えていること。
事前・事後学修の内容 特別拝観は研究機関だけに許可されるもので、個人では拝観できない重要な古美術が多く含まれている。古美術研究旅行は寒さの厳しい時期に行われるが、体調を整え見逃すことの無い様、十分注意すること。
講義内容 「古美術研究(演習)」指導教員:彫刻専攻全教員、非常勤講師 矢野健一郎、松永忠興、重森千青

(7月上旬)古美術研究事前学内講義(1)担当:非常勤講師 矢野健一郎
(7月上旬)古美術研究事前学内講義(2)担当:非常勤講師 松永忠興

内容
1、仏像彫刻の解体と修理
2、仏像のレントゲン撮影による内部構造
3、天平時代の塑造の構造
4、玉眼の方法
5、吉野、蔵王権現堂
  蔵王権現の修理
6、円城寺、運慶作
  大日如来模造 等

古美術研究旅行「京都」
・教王護国寺(東寺)-五重塔、小子房、霊宝館
・広隆寺
・大徳寺-真珠庵、聚光院,大方丈、孤蓬庵
 (古美術研究現地講義(1)担当:非常勤講師 重森千靑)
・神護寺-多宝塔、金堂
・南禅寺-本坊、天授案、金地院
・三十三間堂(蓮華王院)
・京都国立博物館
・六波羅蜜寺・醍醐寺・法界寺・平等院

古美術研究旅行「奈良」
・東大寺-南大門、大仏殿、俊乗堂、戒壇院、法華堂、開山堂
 (古美術研究現地講義(2)担当:非常勤講師 矢野健一郎)
・唐招提寺-新宝蔵
・薬師寺・秋篠寺
・西大寺-本堂、四王堂
・円城寺・岩船寺・浄瑠璃寺
・蟹満寺・室生寺・大野寺
・長谷寺・聖林寺・安倍文殊院
・法隆寺・中宮寺・法輪寺
 (古美術研究現地講義(3)担当:非常勤講師 松永忠興)
・新薬師寺・興福寺
評価方法 古美術研究事前学内講義、古美術研究現地講義の取り組み姿勢、古美術研究旅行の研究内容を総合的に評価する。
講義、研究旅行への取り組み姿勢を評価の基準とし、授業の中でおこなわれる質疑応答等から授業への理解度を計る。それらの総合により、「秀」、「優」、「良」、「可」を評価する。
教科書等 「古美術研究の手引き」を受講者全員で作成する。
担当者プロフィール チャールズ・ウォーゼン:アメリカ、ドイツ、日本でのアーティスト活動と生活経験を基に、国際的視野から現代彫刻を研究している。
備考