科目名 卒業制作
単位数 10.0
担当者 芸術学部 教授  前川義春
履修時期 通年
履修対象 美術学科彫刻専攻4年次
概要 授業形態:実習
学部4年間の集大成としての卒業作品を年間を通じて制作する。実材作品(木彫、石彫、金属、テラコッタ、ミクストメディアより選択)の制作を行ない1点以上を提出する。 4年間のカリキュラムで身につけた素材の加工技術、表現方法を生かし、独自の彫刻表現を探求していく。 またそれらの作品を卒業制作展に出品する。
科目の到達目標 素材の加工技術を含めた造形研究をおこなう。この過程を通じて、彫刻作家としての専門的表現能力の充実をめざす。卒業制作展においては、他専攻の教員や美術館学芸員はじめ多くの有識者、観覧者の意見を聞き、4年間の学習・研究成果を分析し、展開を図る。
受講要件 1、2、3年次における彫刻専攻の専門科目をすべて履修し終えていること。また卒業の用件となる128単位のうち、90単位以上を習得していること。
事前・事後学修の内容 学部での集大成の作品制作となるため、それまでの3年間の作品制作を振り返り、そのことを基盤にして卒業制作に挑むこと。なるべく早い時期から卒業制作のプランを温め、必要な下調べや資料収集などを進め、必要に応じて教員と相談し意見を求めるようにすること。また毎週の制作後には自己の制作を振り返り、問題点を発見し、更に良い制作に結びつけるようプランを見直すようにすること。
講義内容 1、 実材制作(指導教員:<石彫>教授 前川義春、非常勤特任教員 土井満治 <金属>教授 伊東敏光<木彫>講師 田中圭介<テラコッタ、ミクストメディア>教授 チャールズ・ウォーゼン

【前期】

第1週 導入、概要説明
第2週 着想に基づくアイディアスケッチ
第3週 図書館・インターネットを通した着想の拡充
第4週 アイディアスケッチ、図面などのまとめ
第5週 粘土、発泡スチロール、クラフトペーパーなどのソフト模型素材の説明・選択
第6週 ソフト素材の購入・加工研究
第7週 アイディアスケッチを基にしたソフト模型素材での制作
第8週 ソフト模型の仕上げ
第9週 ソフト模型の中間講評。実材模型制作のための素材選択—全教員
第10週 実材素材の購入・加工研究—以後、実材素材ごとに分かれて
第11週 実材模型の荒取り制作
第12週 実材模型の細部制作
第13週 実材模型の研磨制作
第14週 実材模型の仕上げ
第15週 実材模型の中間講評。大型実材彫刻のための素材入手・購入計画

【後期】

第1週 大型実材制作のための制作場の設定
第2週 加工道具の説明、購入、加工研究
第3週 大型実材彫刻荒取りのための全体構想
第4週 大型素材の移動、回転の実習
第5週 荒取りのための墨入れ
第6週 大荒取り制作
第7週 中荒取り制作
第8週 小荒取り制作
第9週 細部加工制作
第10週 細密機器による加工制作
第11週 研磨加工制作
第12週 着色、素材保護のための塗装
第13週 大型実材彫刻の最終仕上げ
第14週 作品の撮影、ドキュメントの作成
第15週 採点・講評

2、 卒業制作展
・実材作品1点以上を卒業制作展に出品する事により公開展示し、広く社会に発表する。
評価方法 通常授業への取り組み姿勢、研究の進捗状態を実習の段階ごとにチェックし評価の前提とし、提出作品により造形力、表現力、独自性を点数化し評価する。石膏人体及び 実材小作品、実材作品(木彫、石彫、金属、テラコッタ、ミクストメディア)による彫刻研究を進め、造形力、表現力を強化し、作品提出することを単位取得「可」の条件とする。さらに研究に独自性が認められるものを「良」、加えて芸術性の高いものを「優」、より優れたものを「秀」とする。
教科書等 特になし
担当者プロフィール 前川義春:石を中心とした素材で彫刻制作を行っている。現代のランドスケープから日本の伝統的造園までを研究し、都市環境や地域の風土に根ざした彫刻表現の可能性の追求と展開を行っている。
備考