科目名 実材制作実習Ⅰ
単位数 2.0
担当者 芸術学部 教授 伊東敏光
履修時期 前期
履修対象 美術学科彫刻専攻2年次
概要 授業形態:実習
「金属実習(動物制作)」からなる科目。 金属造形の基礎として鉄及び銅の絞り加工、鉄の溶接・溶断による制作をおこなう。技術面に重点をおき、道具づくりと基本的加工技術を体験によって修得していく。また動物の動き、形態を観察することで生体の構造を理解し、動きや量を捉える観察力と基礎的な造形力を養う。
科目の到達目標 銅と鉄の素材感、加工技術、表現方法の違いを体験的に習得し、金属による彫刻制作のプロセスと造形について理解する。
受講要件 1年次における彫刻専攻の専門科目をすべて履修し終えていること。
事前・事後学修の内容 動物彫刻の様々な作例、および金属彫刻の作例を調査する。
作業服や安全靴等、安全確保のための装備を教員の指示に従って準備する。
講義内容 金属実習 –動物制作-(指導教員:教授 伊東敏光)

第1週   課題説明・作品モチーフの取材(動物園)
第2週   模型、スケッチ等の提出・作品プランの決定
第3週   溶接、溶断実技講習 (ガス溶接・溶断)
第4週   溶接、溶断実技講習 (電気手溶接・半児童自動溶接)
第5週   工作機械(シャーリング、高速カッター、ベルトサンダー等の安全講習)
第6週   電動工具(グラインダー等)の実技講習
第7週   道具づくり(唐紙鎚7分、9分)
第8週   器制作(銅板鍛金による器づくり)
第9週   制作(動物制作)/心棒づくり
第10週  制作(動物制作)/鞴を使用しての鍛造
第11週  制作(動物制作)/鉄板の立体加工
第12週  制作(動物制作)/鉄板の鍛金加工
第13週  制作(動物制作)/鉄材の複合(ガス、電気等)
第14週  制作(鉄による動物制作)/仕上げ加工(油焼き、錆び付け等)
第15週  講評 
評価方法 通常実習中の取り組み姿勢、理解度を実習の段階ごとにチェックし評価の基準とする。提出作品により造形力、表現技術の到達度を点数化し評価する。 実習を通して基礎的な表現技術を修得し、作品提出することを単位取得「可」の条件とする。さらに作品に感性の豊かさや表現の的確さが認められるものを「良」、優れたものを「優」、より優れたものを「秀」とする。 提出作品により、表現力、技術の修得度を点数化し評価する。
教科書等 必要に応じて資料を配布する。
担当者プロフィール 伊東敏光:専門領域は金属を中心としたミクストメディアの彫刻である。素材は表現対象によって金属、石、木、ブラスチック等から選択し組み合わせる場合が多いが、一貫して自然の形態から抽出したフォルム(形)を研究し、その造形化と彫刻表現の可能性を追求している。
備考 【教職】中・高一種(美術)