科目名 彫刻論(古典研究を含む。)
単位数 2.0
担当者 講師 田中圭介
履修時期 前期
履修対象 美術学科彫刻専攻3年次
概要 授業形態:講義
彫刻作家の実制作を通して、彫刻芸術の幅広い理念、素材、技法、歴史を解説していく。彫刻専攻の教員による、自己の作品の解説及び専門領域からの彫刻芸術の考察を中心に、毎年4名の美術関係者を非常勤講師として学外からお招きし、オムニバス形式で多角的な内容をもって授業を展開していく。
科目の到達目標 彫刻専攻の教員や学外から招いた美術関係者の、実践を元に培われた多種多用な彫刻観・芸術観に触れ、自身の芸術における問題と照らし合わせ考察することを目的とする。
受講要件 1、2年次における彫刻専攻の専門科目をすべて履修し終えていること。
事前・事後学修の内容 事前に担当講師の情報を出来るだけ集め、講師の活動の背景を知っておくよう努める。
質疑応答の機会が設けられるため、予め質問内容を考えておく。
講義の中で用語や作家名など知らない情報が出てきた場合、事後に調べ確認しておく。
講義内容 第1週   導入、自己の作品を通して(教授 伊東敏光)
第2週   日本とアメリカの現代美術(教授 伊東敏光)
第3週   学外美術関係者講義(非常勤講師  佐藤時啓)
第4週   自己の作品を通して(教授 前川義春)
第5週   自己の作品を通して(教授 土井満治)
第6週   自己の作品を通して(教授 チャールズ・ウォーゼン)
第7週   学外美術関係者講義(非常勤講師 津口在五 )
第8週   現代美術作家の制作現場(教授 チャールズ・ウォーゼン)
第9週   学外美術関係者講義(非常勤講師 三木俊治 ) 
第10週   自己の作品を通して(講師 田中圭介)
第11週   作家活動とマーケット(講師 田中圭介)
第12週   自己の作品を通して(助教 七搦綾乃)
第13週   表現の場(助教 七搦綾乃)
第14週   学外美術関係者講義(非常勤講師 小谷元彦 )
第15週   まとめ・レポート(助教 七搦綾乃)

※順番は変更されることがあります。
※古美術研究旅行特別事前講義が含まれます。
評価方法 講義への取り組み姿勢を評価の基準とする。最終日に行うレポートから授業への理解度を計る。それらの総合により、「秀」、「優」、「良」、「可」を評価する。
教科書等 必要に応じて参考資料・作例等の提示、またはコピーを配布する。
担当者プロフィール
備考 【教職】中・高一種(美術)