科目名 実材制作基礎演習(工芸制作を含む。)
単位数 4.0
担当者 芸術学部 教授 前川義春
履修時期 後期
履修対象 美術学科彫刻専攻1年次
概要 授業形態:実習
石を素材とした彫刻制作の基礎として、石材加工に必用な道具づくりと、安山岩や花崗岩を素材とした六面体の制作をとおして、石彫の基本技術を習得する。
科目の到達目標 石彫の基本技術を身につけるとともに、素材の特性を理解することを目的とする。
受講要件 美術学科彫刻専攻1年次
事前・事後学修の内容 石彫美術の歴史を予習して授業に望み、授業後は石彫美術の今後の展開について対話を行う
講義内容 石彫実習 ―六面体― (指導教員:教授 前川義春、非常勤特任教員 土井満治)

初日    ガイダンス(石彫について・石材について・道具について)
第1週   道具づくり(石頭1.1kg、0.8kg、0.5kg用・コヤスケ・刃トンボの柄入れ)
第2週   鞴火おこし、クサビ作り、鑿の頭の成型
第3週   鑿づくり(先鑿・燕鑿・平鑿・丸鑿・端切)
第4週   鑿の焼き入れ(水焼き・油焼き)
第5週   墨掛けとねじれ取りの講習、矢穴掘り、石割り
第6週   本墨掛けとコヤスケ掛け、コヤスケ払い、底面荒取り
第7週   側面①荒取り
第8週   側面②荒取り
第9週   正面荒取り
第10週   後面荒取り
第11週   天面荒取り
第12週   底面矩場づくり、ねじれ取り
第13週   底面全面小叩き仕上げ
第14週   底面角切と側面矩場だし 
第15週   底面砥石かけ、艶出し、講評、採点
*期間中に石彫作品例の紹介をスライドでおこなう。
評価方法 通常実習中の取り組み姿勢、理解度を実習の段階ごとにチェックし評価の基準とする。提出作品により表現技術の到達度を点数化し評価する。
実習を通して基礎的な表現技術を修得し、作品提出することを単位取得「可」の条件とする。さらに作業の手順や表現の的確さが認められるものを「良」、優れたものを「優」、より優れたものを「秀」とする。
提出作品により技術の修得度を点数化し評価します。
教科書等 参考資料を必要に応じて配布する。
担当者プロフィール 前川義春:石を中心とした素材で彫刻制作を行っている。現代のランドスケープから日本の伝統的造園までを研究し、都市環境や地域の風土に根ざした彫刻表現の可能性の追求と展開を行っている。
土井満治:石を主素材として彫刻制作を行っている。距離感やスケール感といった、身体性をともなう空間感覚と彫刻の関係を問うことによって、独自の表現を模索している。
また石彫における星取り技法研究や道具研究などを通して、彫刻的表現の可能性を多角的に追求している。
備考 【教職】中・高一種(美術)