科目名 彫刻実習Ⅰ
単位数 8.0
担当者 講師 田中圭介
履修時期 通年
履修対象 美術学科彫刻専攻1年次
概要 授業形態:実習
「塑造(首像)」、「塑造(胸像)」からなる科目。
人体の構造を理解し、動きや量を捉える観察力と基礎的な造形力を養う。技術面では、塑造の芯棒作り・粘土付け・石膏取り等の基本技術を習得していく。
科目の到達目標 制作を通して、彫刻的な人体理解の基礎(骨格、構造、肉づけ等)を学び、対象を把握する観察力と、それを作品として表現するための造形力を養う。
受講要件 美術学科彫刻専攻1年次
事前・事後学修の内容 人体の構造や形態を理解するための手段として、観察を第一とするが、解剖学的観点の知識も不可欠である。各自資料を集めるなどして人体の骨格や筋肉のあり方を調べることが必要である。
講義内容 【前期】
「 塑造(首像)」 
(指導教員:教授 前川義春、教授 チャールズ・ウォーゼン、講師 田中圭介、非常勤特任教員 土井満治)

第1週  課題説明
第2週  クロッキー 
第3週  芯棒制作
第4週  塑造(空間)
第5週  塑造(量感)
第6週  塑造(動き)
第7週  塑造(比率)
第8週  塑造(骨格)
第9週  塑造(筋肉)
第10週 塑造(表情)
第11週 塑造(質感)・講評
第12週 石膏取り(雌型成型)
第13週 石膏取り(さや型成型)
第14週 石膏取り(雄型成型)
第15週 石膏取り(修正・展開)


【後期】
「 塑造(胸像)」 
(指導教員:教授 伊東敏光、講師 田中圭介)

第1週  課題説明
第2週  クロッキー 
第3週  芯棒制作
第4週  塑造(空間)
第5週  塑造(量感)
第6週  塑造(動き)
第7週  塑造(比率)
第8週  塑造(骨格)
第9週  塑造(筋肉)
第10週 塑造(表情)
第11週 塑造(質感)
第12週 塑造(仕上げ)・講評
第13週 石膏取り(雌型成型)
第14週 石膏取り(雄型成型)
第15週 石膏取り(修正)
評価方法 通常実習中の取り組み姿勢、理解度を実習の段階ごとにチェックし評価の基準とする。提出作品により造形力、表現技術の到達度を点数化し評価する。 実習を通して観察力と基礎的な表現技術を修得し、作品提出することを単位取得「可」の条件とする。さらに作品に感性の豊かさや表現の的確さが認められるものを「良」、優れたものを「優」、より優れたものを「秀」とする。 技術の修得度・造形力、の到達度を点数により評価する。
教科書等 参考資料・美術解剖図・作例を必要に応じて提示、コピーを配布する。
担当者プロフィール
備考 【教職】中・高一種(美術)