科目名 構成演習Ⅰ
単位数 2.0
担当者 講師 田中圭介
履修時期 前期
履修対象 美術学科彫刻専攻1年次
概要 授業形態:演習
木彫の基礎として、道具作り、道具の使用方法を学び、課題テーマをもとに木彫作品を制作する。
科目の到達目標 木彫道具(刀・鑿・鉋)のつくり方(仕立て方)を習得する。
木彫道具(刀・鑿・鉋・鋸)の使い方を習得する。
木彫の表現技術と造形力を習得する。
受講要件 美術学科彫刻専攻1年次
事前・事後学修の内容 彫刻における素材の理解は、日常の気の配り方からも深まる。このことを念頭に「木」についてよく考察する機会にする。また道具作り、道具の使用方法の習得については段階的に説明が入るため、特に遅刻・欠席の無いように心掛ける。段階ごとの到達目標があり、到達しなければ次に進めない。授業以外の時間も有効に使い、毎日の実習に着いていくよう心掛ける。
講義内容 木彫 (指導教員:講師 田中圭介、助教 七搦綾乃)

初日   ・ ガイダンス(木彫について・授業について・課題制作のテーマについて)
     ・ 道具配布
     ・ 道具づくり(刀の防水加工)
第1週  道具づくり(刀の柄の養生・鑿の冠付け・刀の裏表研ぎ)
第2週  道具づくり(鑿裏研ぎ)
第3週  道具づくり(鑿表研ぎ)
第4週  作品プラン提出・鋸の使い方・丸太分割
第5週  鉋の使い方・面だし 
第6週  制作(鋸による木取り)
第7週  制作(鋸による粗々取り)
第8週  制作(鋸のよる粗取り)
第9週  制作(鑿による粗々彫り)
第10週 制作(鑿による粗彫り) 
第11週 制作(鑿による彫り)
第12週 制作(鑿・刀による細部彫り)
第13週 制作(鑿・刀による仕上げ)
第14週 制作(講評会に向けての展示の準備)
第15週 講評

※期間中に木彫作品例の紹介をスライドで行う。
※期間中に木工機械室講習を2日行う。
評価方法 実習中の取り組み姿勢、理解度を念頭に、道具作りの技能習得の到達度、道具使用の技能の到達度、そして提出作品による造形力、表現技術の到達度を総合的に点数化し評価する。 実習を通して木彫による表現技術と造形力を修得し、作品提出することを単位取得「可」の条件とする。さらに作品に感性の豊かさや表現の的確さが認められるものを「良」、優れたものを「優」、より優れたものを「秀」とする。
教科書等 道具作りのテキストを配布。
必要に応じて、美術解剖図・作例等を提示。
担当者プロフィール 田中圭介:主に木を素材に彫刻を制作。歴史的、風土的、個人的な、木と人間の関係を軸として、認識と実在をテーマに彫刻表現の可能性と人間の普遍性を追求している。
備考 木彫道具は専攻で受講者全員分を購入し授業初日に配布する。受講者が既に所持している道具で重複するものがある場合、商品の返品が可能であれば返金という対応も考えられるため、所持している木彫道具を初日に持参すること。

【教職】中・高一種(美術)