科目名 彫刻実習Ⅳ
単位数 10.0
担当者 芸術学部 教授 伊東敏光
履修時期 通年
履修対象 美術学科彫刻専攻4年次
概要 授業形態:実習
①1、2、3年次で培った塑造表現の技術をもとに、塑造(等身人体)の制作をおこなう。 人体の構造、量塊、動勢等を研究し、学部4年間の集大成となる作品を制作する。
②木、石、金属、テラコッタ、ミクストメディアから各自が選択し、実材による小作品(1m立方以内)の制作をおこなう。
科目の到達目標 ①人体を表面的に捉えるのではなく、その骨格や構造を意識しながら塑造による造形研究をおこなう。この過程を通じて、自然界の様々なものを構造的に理解しながら造形化する彫刻性を養い、彫刻作家としての専門的表現能力を習得する。
②独創的な彫刻作品を制作するため、実材(各素材)の性質を加工技術を含めて十分に理解し、素材と造形との関係を実制作を通して探求する。
受講要件 1、2、3年次における彫刻専攻の専門科目をすべて履修し終えていること。
事前・事後学修の内容 通年実習であるため、展覧会等での作品鑑賞や画集等による作例調査、日頃のデッサンやプラン模型の制作等、日常的に彫刻の調査・研究を心がける事。
講義内容 【前期】
①小作品制作                                          
(指導教員:教授 伊東敏光、教授 前川義春、教授 チャールズ・ヴォーゼン、講師 田中圭介)                                
第1週   作品の構想(素材研究及びドローイングによる試作等)                 
第2週   作品の構想(素材研究及び粘土による試作等)                      
第3週   各実材担当教員によるプランのチェックと材料調達                    
第4週   制作準備(過作品構想とコンセプトの確認)                      
第5週   制作準備(素材加工方法の調査と使用機械の調整)                   
第6週   制作準備(加工方の技術練習)                            
第7週   制作(心棒など構造部分)                              
第8週   制作(粗づけ、粗彫り等)                              
第9週   制作(全体フォルム)                                
第10週  制作(部分と全体の関係)                              
第11週  制作(同時代性の考察)                                
第12週  制作(独創性の探求)                                
第13週  制作(展示空間と作品の関係)                            
第14週  制作(仕上げ)                                   
第15週  展示、講評                                     

②塑像制作・前期と後期共モデルを使用し、等身大全身像制作する。
(指導教員:教授 伊東敏光、教授 前川義春、講師 田中圭介)

第1週   ポーズ決めとクロッキー
第2週   デッサン
第3週   心棒づくり(構造)
第4週   心棒づくり(動き)
第5週   塑造(粘土練り、粗づけ)
第6週   塑造(構造)
第7週   塑造(動勢)
第8週   塑造(量塊)
第9週   塑造(作り込み-細部)
第10週  塑造(作り込み-部分と全体の関係)
第11週  塑造(仕上げ)
第12週  講評
第13週  石膏取り(外型づくり)
第14週  石膏取り(内型づくり)
第15週  石膏取り(割り出し・修正)



【後期】
塑造制作・前期と後期共モデルを使用し、等身大全身像を制作する。
(指導教員:教授 伊東敏光、教授 前川義春、講師 田中圭介)    

第1週   ポーズ決めとクロッキー 
第2週   デッサン 
第3週   心棒づくり(構造) 
第4週   心棒づくり(動き)
第5週   塑造(粘土練り、粗づけ)
第6週   塑造(構造)
第7週   塑造(動勢)
第8週   塑造(量塊)
第9週   塑造(作り込み-細部)
第10週  塑造(作り込み-部分と全体の関係)
第11週  塑造(仕上げ) 
第12週  講評
第13週  石膏取り(外型づくり)
第14週  石膏取り(内型づくり)
第15週  石膏取り(割り出し・修正)
評価方法 通常実習への取り組み姿勢と作品の制作過程を通して、彫刻制作における基礎的な到達度を過程毎にチェックし、提出作品により技術と表現力の修得度、独創性を点数化し評価する。 実習を通して彫刻的造形力と表現技術を修得し、作品提出することを単位取得「可」の条件とする。さらに作品に感性の豊かさや表現の独創性が認められるものを「良」、高次の造形表現、芸術性が表れているものを「優」とし、優の評価基準で秀でたものを「秀」とする。
教科書等 特になし
担当者プロフィール 伊東敏光:専門領域は金属を中心としたミクストメディアの彫刻である。素材は表現対象によって金属、石、木、ブラスチック等から選択し組み合わせる場合が多いが、一貫して自然の形態から抽出したフォルム(形)を研究し、その造形化と彫刻表現の可能性を追求している。
備考 【教職】中・高一種(美術)