科目名 造形実習ⅡA
単位数 6.0
担当者 教授 笠原 浩,講師 有持 旭
履修時期 前期
履修対象 2年
概要 (映像メディア);画像の生成~収集、それらをパソコン上で編集し動画像として制作する。さらにそれをパーソナルメディア~空間演出まで多様な発信方法に対してのあり方を検討する。これは造形実習ⅡB〈メディア〉へと継続するものとし、ⅡA〈メディア〉においては、映像制作の機材・設備及びソフトウエアの技術的理解と習得を主に、ワークショップ形式を織り交ぜ実習を行う。
科目の到達目標 (映像メディア);単一方向のイメージの伝達を【時間】というベクトルで提案し、技術的観点からも映像表現の基本的概念を理解する。
受講要件 1年次までのデザイン工芸学科専門科目の単位を修得していること。
事前・事後学修の内容 デジタル機器を使った技法演習を行った後には、その項目について自主的に復習することを習慣付ける。
・関連する展覧会,催しへの参加。
・指定映像作品の視聴。
講義内容 (映像メディア);
1.「イントロダクション」
2.「光と影の画像」演習
3.「時間と空間」演習
4〜5.「サウンドコラージュ」演習
6〜7.「frame by frame〜アニメーション」アニメーションのためのワークショップと演習
8〜9.「motion 〜時間の解体と再構築」のためのワークショップと演習
10〜12.「imaging〜ことばより」のためのワークショップと演習
13〜15.「映像表現基礎」ワークショップと演習
評価方法 (映像メディア);課題提出を最低条件とし,それを「可」とする。それに加え指導内容の反映,制作における計画性、表現の豊かさ、発展性等を総合的に評価し点数化したものを加点して「良」,さらに優れた表現をしたものに「優」,特に優れた表現をしたものを「秀」とする。
教科書等 (映像メディア);必要に応じて、随時提示する。
担当者プロフィール
備考