科目名 造形実習ⅡA
単位数 6.0
担当者 講師 藤江 竜太郎
履修時期 前期
履修対象 2年次
概要 (立体造形)
「授業形態:実習」
身の回りに潜在する要素にスポットをあて観察し、そこからテーマにもとづいた表現と、そのためのプレゼンテーションの基本を学ぶ。
科目の到達目標 (立体造形)日常生活のなかで関わる事物を意識的に観察する能力を身につける。
展示発表を通して社会とのつながりを意識できるようになる。
受講要件 (立体造形)1年次の必修単位である「造形実習ⅠA」、「造形実習ⅠB」、「描出演習Ⅰ」、「形体演習Ⅰ」を履修済みであること。
事前・事後学修の内容 (立体造形)関連するテーマの調査を行い、ファイルに整理をしておくこと。

講義内容 (立体造形)
各課題を5週間の期間で行う。
1)課題説明
2)プレゼンテーション
3)制作
4)中間チェック
5)展示発表

⒈ 『時をはかる』
<課題>時間の概念を形成し、その計画設計と制作をおこなう。
<出題意図>時間への考察とその概念の形成。人とモノ、生活との相互関係の考察。立体造形デザインのプロセスとその段階における技法の習得。
<立案条件> 素材および大きさ自由。 既成のムーブメントを使用する。(数量自由)
<作品形式>作品1点、コンセプトパネル、作品の3面図

⒉ 『雨をあそぶ』
<出題意図>自然への考察とその概念の形成。人とモノ、生活との相互関係の考察。立体造形デザインのプロセスとその段階における技法の習得。
<立案条件> 素材および大きさ自由。 
<作品形式>作品1点、コンセプトパネル

⒊ 『ブラッシュアップ』
<出題意図>立体造形デザインのプロセスとその段階における技法の習得。
<立案条件> 素材および大きさ自由。 2年前期に行なった2課題の中から任意の課題を1つ選びブラッシュアップして制作する。 
<作品形式>作品1点、コンセプトパネル
評価方法 (立体造形)「平常点」と提出された実作品とポートフォリオ、講評時の作品のプレゼンテーションを点数化し評価する。
作品提出することを単位取得「可」の最低条件とし、コンセプト、独創性、完成度の高い表現を「良」、さらに優れたものを「優」、さらに秀でたものを「秀」とする。
教科書等 (立体造形)必要に応じて資料を配布する。
担当者プロフィール 教授 吉田 幸弘
講師 藤江 竜太郎
備考 各工房の利用規則を厳守し、事故の無いように安全作業を心がける。
期間中に必ず学外での展示発表を行う。