科目名 造形実習ⅡA
単位数 6.0
担当者 責任者 教授:永見 文人、 教授:南 昌伸
履修時期 前期
履修対象 金属造形分野2年生
概要 金属工芸の彫金技法を中心として、金属の基本的な加工法の習得を目的とした実習を行なう。
科目の到達目標 伝統的な彫金技法の中から、ロウ接、透かし技法、象嵌技法、刃タガネによる彫りの実習を行い「切る」「合わせる」「着ける」「彫る」の基本的な技術を習得するとともに、金属素材についての理解を深める。後半は、塑性加工の中から「打出し(レリーフ)」の実習を行いながら、打タガネの技法を習得する。
受講要件 1年次までの専門科目の単位を修得していること。
事前・事後学修の内容 金属造形分野の基礎的な造形力、技法の習得には日々の積み重ねが必要である。毎日の実習を大切にし、始めての経験である道具や機械の使用方法も正しく理解し、安全に実習をこなして欲しい。基本を踏まえた上での新たな表現の可能性に気付き自己の作品へと展開できる事を期待する。授業で取り上げた「専門技法や、作家」については、専門書籍や、インターネットで調べ、復習する。
講義内容 〔1〕彫り演習  【永見】

  1. 道具製作(彫金鎚2本、松ヤニ)【永見】
 2. 蹴り彫り、片切り彫り鏨の製作
  3. 毛彫り、丸毛彫り鏨の制作


〔2〕象嵌・透かし演習  【永見】

  4. 象嵌・透かし技法・道具の使用説明(糸鋸による透かし・摺合わせ、焼鈍、ろう付け)
 5. 象嵌・透かし技法によるテストピースの制作と色上げの練習
  6. 提出作品の制作と講評【永見】



〔3〕リング制作 【永見】

 7. 基本演習①制作工程・道具の使用説明(刻印打ち、ろう付け、ヤスリ掛け、磨き)
 8. リング制作、基本演習②擂り出しリングの制作
 9. リング制作、基本演習③三連リングの制作と講評



〔4〕寄せ物による箱物制作【南】

 10. ①技法・制作工程の説明
  (切断、ろう・ハンダ付け、ヤスリ掛け、エッチング、色上げetc.)
 11. ②デザイン画の作成と試作
 12. ③提出作品の制作と講評


〔5〕塑性加工1(打ち出しレリーフ製作)【永見】

 13. ①レリーフ制作工程の説明と木鏨(5本)・打鏨の製作(15本)
 14. ②下図制作、粘土原形制作、打鏨による作品試作
 15. ③レリーフ実制作、仕上げ(着色)と講評【永見】

評価方法 作品提出をする事を単位取得(可)の最低条件とし、完成度の高い作品を(良)、
独創性に優れたものを(優)とする。完成度と独創性共に極めて優れた作品を(秀)とする。
各単元の受講状況と作品評価との総合点で評価する。
教科書等 教科書:特になし
参考書:項目ごとに、適宜資料を配布する

担当者プロフィール 専門は金属工芸である。材料、技術の可能性を常に意識しながら工芸、金属造形の分野において研究・作品発表を行っている。
備考 ・中学校一種免許(美術)必修科目
・高等学校一種免許(美術)必修科目