科目名 造形実習ⅡA
単位数 6.0
担当者 准教授 野田 睦美
教授  倉内 啓
履修時期 前期
履修対象 2年
概要 染色実験では、染織造形を制作するための素材(繊維と染料)に関る基礎知識を講義と染色を通して体験し、染色実験ノートにまとめる。織基礎実習では、「綴織」を通して織造形の基礎を学び、染基礎実習では「蝋染」を通して染造形の基礎を学ぶ。
また、それぞれの素材と技術に対する造詣を深める。 
科目の到達目標 <染色実験> 
 ・繊維と染料の関係を講義と染色を通して体得する。
<織基礎実習Ⅰ> 
 ・木枠を使用して織りの構造と技法及び特徴を学び、綴織による表現方法を修得し、綴織の可能性を探る。
<デッサン実習>
 ・人体の構造を把握し、観察力及びデッサン力を向上する。 
<染基礎実習Ⅰ> 
 ・蝋染作品の模写を通じて蝋染の特色を学び、蝋防染による表現方法を修得し、臈纈染の可能性を探る。
受講要件 1年次までの専門科目を履修していること。


事前・事後学修の内容 染織造形における基礎知識と技術を修得する授業なので、年間を通じて積極的に実習を行うこと。
各課題で配布する資料を染織ノートとしてまとめること。
講義内容 <染色実験>(野田准教授)
1.繊維と染料の基礎知識、天然繊維と化学繊維、天然染料と化学染料
2.精練と漂白、植物染料の煮出し、引染(絹布・綿布・麻布・和紙)と固着
3.浸染(絹糸・綿糸・毛糸・絹布・綿布)、染色実験ノートの作成 
<織基礎実習Ⅰ>(野田准教授)
4.綴織の基礎知識、取材→エスキース→図案→原画作成
5.製織のための色彩及び技法の計画
6.整経、経糸を木枠に掛ける、糸綜絖の作成と設置 
7.製織 
8.経糸の処理及び仕上げ加工
<デッサン実習>(倉内教授)
9.人体クロッキーを通して人体の構造を把握、固定ポーズにて彩色を施す
<染基礎実習Ⅰ>(倉内教授)
10.蝋染の基礎知識、色見本作成  
11.模写によるサンプル制作
12.エスキース→図案作成 
13.蝋おき→染め→蝋おき→染め
14.脱蝋、定着→水元、パネル張り
<講評>(染織造形教員)
15.課題の実習作品を展示し、作品と制作過程について講評を行う
   
評価方法 染色実験ノートと実習作品及び作品のプレゼンテーション(講評)を担当の教員が点数化し、評価する。
染色実験ノートと実習作品を提出することを単位取得「可」の条件とし、造形力や技術力のある完成度の高い表現を「良」、より優れているものを「優」、特に優れているものを「秀」とする。
教科書等 各課題に応じて参考資料を配布又は紹介する。
担当者プロフィール 野田 睦美(織作家)
倉内 啓(染作家)
備考 各課題の提出日と提出時間を厳守し、講評ではプレゼンテーションを行うこと。